IELTSの仕組みと点数について

IELTS テストの結果は1.0-9.0のスコアで表示されます。テストに合否はなく、4技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)の各パートごとの英語力が点数として示されます。具体的にはIELTS 1.0-9.0の間を0.5刻みで評価され、全体評価としてオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。
アカデミックモジュールかジェネラルモジュールによっても出題される問題の難易度に差があるので、スコアが代わってきます。
また留学などを考えている方は、入学・受入条件に特定のスコアを設けているところがあります。高等教育機関では多くの学校の受け入れがIELTS 5.0-8.0を条件としています。

IELTS 点数別 評価基準


点数 レベル 英語運用能力
IELTS 9.0 Expert user
エキスパート・ユーザー
十分に英語を駆使する能力を有している。適切、正確かつ流暢で、完全な理解力もある。
IELTS 8.0 Very good user
非常に優秀なユーザー
時折、非体系的な不正確さや不適切さがみられるものの、十分に英語を駆使する能力を有している。 慣れない状況においては、誤解が生ずることもありえる。込み入った議論に、うまく対応できる。
IELTS 7.0 Good user
優秀なユーザー
時折、不正確さや不適切さがみられ、また状況によっては誤解が生ずる可能性もあるが、英語を駆使する能力を有している。複雑な言語も概して上手く扱っており、詳細な論理を理解している。
IELTS 6.0 Competent user
有能なユーザー
不正確さ、不適切さ、および誤解がいくらか見られるものの、概して効果的に英語を駆使する能力を有している。特に、慣れた状況においては、かなり複雑な言語を使いこなすことができる。
IELTS 5.0 Modest user
中程度のユーザー
部分的に英語を駆使する能力を有しており、大概の状況において全体的な意味をつかむことができる。 ただし、多くの間違いを犯すことも予想される。自身の分野においては、基本的なコミュニケーションを行うことができる。
IELTS 4.0 Limited user
限定的ユーザー
慣れた状況おいてのみ、基本的能力を発揮できる。理解力、表現力の問題が頻繁にみられる。複雑な言語は使用できない。
IELTS 3.0 Extremely Limited user
非常に限定的なユーザー
非常に慣れた状況おいて、一般的な意味のみを伝え、理解することができる。コミュニケーションが頻繁に途絶える。
IELTS 2.0 Intermittent user
一時的なユーザー
確実なコミュニケーションを行うことは不可能。慣れた状況下で、その場の必要性に対処するため、極めて基本的な情報を単語の羅列や短い定型句を用いて伝えることしかできない。英語による会話、および文章を理解するのに非常に苦労する。
IELTS 1.0 Non user
非ユーザー
いくつかの単語を羅列して用いることしかできず、基本的に英語を使用する能力を有していない。
IELTS 0 Not taken
非受験者
評価可能な情報なし。

IELTS 評価方法


IELTS1.0-9.0のOA(全体スコア)は各4パートのリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのモジュールごとスコアがつきます。
4パートのモジュールの平均点をOverAllバンドスコアとして総合英語力評価がでます。

IELTS
リスニング
IELTS
リーディング
IELTS
ライティング
IELTS
スピーキング
IELTS
全体評価
バンドスコア
6.0
バンドスコア
5.0
バンドスコア
5.0
バンドスコア
6.0
バンドスコア
5.5

スコアが中途半端な数字の場合は?
(例)5.8→6.0として評価されます。0.5刻みで一番近い数字に【切上げ/切下げ】がされます。
■例え
●5.75-6.0 → OverAll 6.0
●6.25-6.5 → OverAll 6.5

IELTS 各パート別 配点 問題数

■IELTS リスニング スコア換算表
リスニングとリーディングモジュールは40問中の正解数をバンドスコアに換算されます。
1問正解で1点として40点満点でその回の難易度に応じてバンドスコアへの換算が決まります。
難易度(換算表)は実際のテストを事前にトライアルすることで決まります。

IELTS
換算バンドスコア
IELTS
40問の正解数
バンドスコア
5
バンドスコア
16問
バンドスコア
6
バンドスコア
23問
バンドスコア
7
バンドスコア
30問
バンドスコア
8
バンドスコア
35問

■IELTS リーディング スコア換算表
アカデミックとジェネラルの換算の違いとは?
アカデミックの方が学術的で専門的な用語が出題されるので正解率が低く、難易度が難しいため。

アカデミックテスト
換算バンドスコア
アカデミックテスト
40問の正解数
ジェネラルトレーニングテスト
換算バンドスコア
ジェネラルトレーニングテスト
40問の正解数
5 15 4 15
6 23 5 23
7 30 6 30
8 35 7 35

■IELTS ライティング スコア換算表
アカデミックテスト・ジェネラルトレーニングテスト共に配点は、TASK1:TASK2が1:2の割合。
【4つの評価基準で採点】
【1】
・TASK1…タスクの達成度
・TASK2の場合…質問に適切にこたえているか

【2】
・一貫性とまとまり

【3】
・語彙力

【4】
・文法の知識と精度


■IELTS スピーキング スコア換算表
アカデミックテスト・ジェネラルトレーニングテスト共に配点は、TASK1:TASK2が1:2の割合。
【4つの評価基準で採点】
【1】流暢さと一貫性
【2】語彙力
【3】文法の知識と精度
【4】発音

IELTS メニュー
東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
IELTS 無料体験レッスン お申込み