ケンブリッジ大学英語検定


ケンブリッジ大学英語検定の受験のメリット・特長をご紹介します。

受講者数について

受講者数について

日本では知名度が高くありませんが、ヨーロッパを中心に圧倒的な権威があり、約130カ国で年間500万人が受験しています。世界中で10,000を超える企業・学校・政府等の団体で英語力証明試験として評価されています。

CEFR、証明発行について

CEFR、証明発行について

ケンブリッジ英語検定の各レベルは全て、言語能力が初心者のA1~ネイティブに近いレベルC2まで段階別に評価されております。これは国際標準規格CEFRに準拠しています。合格者に発行される証書は、各試験の合格点に達しない場合でも、CEFRの一定のレベルに達していればそれを証明する証書が発行されます。

優遇や難易度がすごい!

優遇や難易度がすごい!

一度取得すると有効期限などなしでALTEが認める国際資格となります。そのため、いつまでも履歴書に記載することができます。受験料27,000円と高いですが、一生使えるスコアだと考えると安いかもしれません。難点は試験回数が少ないため、受験のタイミングに気を付けましょう。

バークレーでケンブリッジ英検対策を学ぶ 3つの特長!

講師の質×バークレーメソッド

講師の質×バークレーメソッド

バークレーハウスは、講師採用を国内だけでなく世界中で募集し、世界中で面接とトレーニングをしてから採用をしています。
また40年以上の実績に基づく世界的に認められた教授法を継続しつつより日本人学習者に的確、効果的なSR(Situational Reinforcement)教授法をもちいてケンブリッジ英検対策の授業を行っています。

学習目的×日本人に最適な教材

ケンブリッジ英検対策×日本人に最適な教材

ケンブリッジ英検対策を学ぶ上で大切なパートナーとなる教材。バークレーハウスでは40言語以上をプロの日本人、ネイテイブ講師の両方を用意し最適な人材をご提供。また教材は日本人に最も合う教材を作成、必要により厳選するという受講生のために徹底的なカスタマイズすることで最適な授業をご提供しています。

40年以上の教育

40年以上の教育×語学カウンセラー

1973年から東京、市ヶ谷で語学教育をしてきたバークレーハウスは40言語以上を、お客様の目的とゴールの達成に向け様々なご提案とコースをご用意しています。
また語学カウンセラーがお客様一人一人の進捗状況を把握し、万全の体制でサポート。お客様が確実に目標レベルに到達できるよう日々努力しています。

コース一覧

バークレーハウスでは、経験豊かなケンブリッジ英検対策講師の指導のもとで、KET~CPEまで各レベルでの対策コースを用意。基本的に授業形態はマンツーマンとなります。バークレーハウスのSRメソッドなどを体験できるよう、無料体験レッスンも随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
バークレーハウスの教室は、東京の市ヶ谷駅から徒歩2分圏内にあります。教室はきちっと天井まであるので、他の教室からの声が遮断され集中して教室で授業を行うことができます。

オンライン対策

ケンブリッジ英検のオンライン対策講座となります。ご自身の地元にケンブリッジ英検対策をしている学校がない方々に向けてオンラインを使った対策をご提供しております。自分のレベルに合わせて勉強を進めることができるので、ご安心ください。

KET/キー対策

1番初心者向けのレベルです。リーディング&ライティングが全体配点の50%となります。「読む」「書く」の9パターンの出題方法をマスター。またリスニング5パターン、スピーキング2パターンを学習します。

PET/プレリミナリー対策

リーディング&ライティングが全体配点の50%となります。リーディングの5パターンとライティングの3パターンを学習。またリスニング、スピーキングはそれぞれ25%が配点となります。リスニングの出題傾向4パターン、スピーキングの出題傾向4パターンを学習します。

FCE/ファースト対策

こちらのレベルから各技能ごとに対策をします。リーディング&文法では1~7パートまでのセクションごとに学習。またライティングは2パート出題されます。パート1は必須問題で自分のアイディアを140-190語でエッセイにするやり方などを学習します。リスニングは4パートに分け対策。スピーキングは4パートを対策します。

CAE/アドバンスト対策

リーディング&文法では1~8パート、ライティングでは2パート、リスニングでは4パート、スピーキングでは4パートに分けてそれぞれ対策をします。例えばスピーキングでは ①自己紹介の練習 ②写真を1分間で説明 ③ディスカッション方法 ④ディスカッションからディベート こちらの4つをレッスンでは練習します。

CPE/プロフィシエンシー対策

リーディング&文法では1~7パート、ライティングでは2パート、リスニングでは4パート、スピーキングでは3パートに分けてそれぞれ対策をします。例えばライティング対策のレッスンでは、パート1:短文を読み250語前後でのエッセイの書き方の練習。またパート2:記事、手紙、報告書、エッセイ、書評など5つの選択肢から1つを選んで300語ほどで書く練習をします。特に「意見のまとめ方」「読み手への印象」「言葉の使い方」などを練習します。いかにネイティブらしく書けるかがポイントになってきます。

受講生の声

東京都 Aさん 50レッスン

ケンブリッジ英検のFCEを取得したくて、対策学校を見つめて通学することにしました。高等教育機関のファウンデーションコースのレベルのため、将来英語で仕事をする場合に必要なスコアだと思い対策を始めました。ライティングの2パートを中心に対策していただきました。特にパート1は140-190語でエッセイを書くため自分が苦手な部分でした。どのように書くのかも含めて勉強ができて良かったです。

東京都 Bさん 40レッスン

ケンブリッジ英検CAEの対策としてバークレーハウスに通学しました。イギリス人の講師で学習することができました。リーディング、リスニングの対策以外にスピーキングではディスカッション、ディベートの練習を多くしました。どのように効果的な回答をするのが良いか専門家に教えていただき良かったです。

料金表

レベル 1レッスン 時間 受講料(社会人) 受講料(学生) 有効期限
全レベル対応 60分(5分休憩) 100〜 8,000円/時間 7,800円/時間 2年
80(2時間×40回)〜 8,400円/時間 8,200円/時間
60(2時間×30回)〜 8,700円/時間 8,500円/時間
40(2時間×20回)〜 9,000円/時間 8,800円/時間 1年
2〜 9,500円/時間 9,300円/時間

※表を右にスクロールできます

バークレーハウス
スクール紹介

受付に座っている女性

受付

教室でケンブリッジ英検対策のレッスンを受講する前に語学カウンセラーと会話をしたり、講師と英語でウォーミングアップがおすすめ!

ラウンジの様子

ラウンジ

バークレーハウスのラウンジの秘密。UCバークレーがあるカリフォルニアのイメージと、家(ハウス)を表現するため、[西海岸×家]をコンセプトとしています。都会の中にあるオアシスとしてリラックスできる空間です。

教室の様子

教室

教室は全部で20教室以上あります。部屋の大きさも様々なので、グループレッスンやプライベートレッスンなどどのようなタイプの授業でも対応が可能です。

市ヶ谷校
開講時間
平日 9:00-22:00 / 土曜 9:00-18:00 / 日曜 10:00-17:00 ※祝日休講
アクセス
〒100-0076 東京都 千代田区 五番町5-1 第八田中ビル4F
開講時間
10:00-18:00
アクセス
〒310-0803 茨城県水戸市城南1丁目4−7