目次
・IELTSとは
・IELTS 問題 試される能力とは?
・IELTS テスト種類
・IELTS 申込み方法
・IELTS 特長とメリット

IELTS とは?

コミュニケーションが英語で行われる地域で、勉強や就職を目指す人の英語能力を測定する試験です。下記6つの特長です。
①世界140カ国で約300万人を超える受講者数
②世界中の高等教育機関入学の能力判断基準に使用されている
③世界で働くための判断基準に使用されている
④移住判断基準に使用されている
⑤公平性・文化的偏りがない。またアメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの英語を平等に採用
⑥アメリカでもTOEFLに代わるものとして認定されている

(1)ご自身の英語力を証明できるグローバルスタンダードテスト
IELTS(International English Language Testing System)は留学・仕事のためなど、英語力を証明する際に採用されているテストです。イギリス・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドなどへの海外移住申請に使用するテストでもあります。

(2)140カ国 合計9,000機関が認定
①イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ ほぼ全ての高等教育機関で認定 ②ヨーロッパ:約2,000 教育機関で認定 ③アメリカ:TOEFLに代わる試験としてアイビーリーグ8大学を含む3,000以上の高等教育機関が入学審査に採用 ④日本:
1.文部科学省がグローバルな人材育成を推奨するため、財政支援すると指定した大学のうち、約20校で一部入試要件として採用「グローバル30」採択全校13大学を含む
2.約60の大学で総合的な英語判断測定のためにIELTSを採用


(3)運用組織
・ブリティッシュカウンシル
・IDP:IELTSオーストラリア
・ケンブリッジ大学英語検定機構の共同運営
※国内では
・公益財団法人日本英語検定協会
・イギリスの公的国際交流機関 ブリティッシュカウンシルの共同運営


(4)受講対象者:16歳以上


IELTS 問題 試される能力とは?

IELTSが測定しようとしている能力は、専門知識ではなく、根本的な英語力です。よって、基本的には、暗記やテクニックだけで攻略できるテストではありません。 IELTS 問題を見てみると、専門用語を知らなくても、前後関係から全体を把握する英語の読解力さえあれば解ける様になっているはずです。 基本的な語学能力(英語でも日本語でも)をしっかりと身につけ、論理的思考法、考えをまとめる力、知らない単語を前後関係で類推できる力をつける学習をすれば、 解くことができるでしょう。
それはまた、アングロサクソンの文化圏に入るにあたって、最低限その思考方法、習慣、常識を知っておいてくれと云わんばかりの IELTS 問題が並びます。 その意味では、日本で作られる試験との差を考えながらIELTS 問題を解くと非常に興味深く感じるかもしれません。

IELTS テスト種類

「アカデミック・モジュール」と「ジェネラル・モジュール」の2種類があります。

(1)アカデミック・モジュール
受講生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価する。

(2)ジェネラル・トレーニング・モジュール
・英語圏で学業以外の研修を検討している方向け
・イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をする方向け
この2タイプのテストでは、リスティングとスピーキングが共通の問題が出題されますが、リーディングとライティングでは内容が異なります。 どちらのモジュールを受験するかは出願先を確認する必要があります。

IELTS 申込み方法

お申込み方法
IELTS(アイエルツ)のウェブサイト:www.eiken.or.jp/ielts にて受付

申込み締切
試験日5週間前の金曜日 午後5時
※木曜日実施の試験に関しては、締切日は試験前5週間前の水曜日午後5時
受験会場(都市名)
札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、松本、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
試験日程
年間最大48回

受講料
1人あたり25,380円(税込み)

支払い方法
①クレジットカード(JCB,MASTER,NICOS,VISA)
②コンビニ(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート)
③郵便局ATM

申し込む際の注意
試験日まで有効期限内のパスポートが必要。他の身分証明書では受講不可。

情報の更新時に確認すると良いサイト
①日本英語検定協会 IELTSページ
②ブリティッシュカウンシル IELTSページ
③IELTS公式ページ

テスト当日
①確認事項(持参するもの)
1.受験申込みの際に使用したパスポート
2.黒鉛筆とカバーを外した消しゴム
3.透明なボトルに入った水

②テスト会場で
1.荷物置き場に持ち物を置く
2.室内に時計が用意されているので、腕時計の持ち込みは禁止されています
3.受付で本人確認と持ち込みチェックが行われる。受付終了後、指紋登録と成績証明書用の写真撮影
4.試験を実施する部屋に掲示されている座席表で、自分の席を確認する
5.試験の行われる部屋へ入室する前に、必ず手洗いを済ませる
6.入室し、机の上のラベルを確認し、ご自身の席に着席する。受験番号を覚える
7.二度目のパスポートチェック

再受験
再受験の制約はありません。準備が整えば次の試験に臨むことが可能です。

特別措置
すべての受講生の英語能力を公平かつ正確に評価するため、IELTSでは学習障害、聴覚障害、視覚障害をもつ受講生への特別措置が用意されています。 点数受験など特別な試験問題を必要とする場合は受験希望日の3ヶ月前までにテストセンターに連絡が必要です。 試験時間の延長など事務手続きのみで対応できる場合は、受験日の6週間前までにテストセンターに連絡をすれば大丈夫です。

インターネットでのお申込みの流れ
IELTSの試験申込みページで行います。IELTS ID取得をしておくと便利です。
1.ログインする
2.受験者情報を入力する
3.受験地、モジュール、受験日を選択する
4.確認する
5.決済する(クレジットカード一括払い、コンビニ、郵便局ATM)
6.受験登録完了のメール受信
7.本人確認書類(申請時に使用したパスポートのコピー)を事務局に送付する

IELTS 特長とメリット


    バークレーハウスでは、IELTS 対策 の勉強以外に1970年代から培ってきた留学への45年以上の経験をもとにサポート致します。 IELTSは世界中で受講生の数が増加し、近年さらに信頼度の高いテストとなってきております。日本でも「グローバル30」と言われる大学では採用され、スーパーグローバル大学創成支援の採択校において、入学要件として認定されています。

  • 講師の質×バークレーメソッド

    IELTS
    留学・移住に有利

    140ヵ国、合計10,000機関がIELTSテストを認定。留学や研修の英語力証明をはじめ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどへの海外移住申請に最適なテストです。

  • 学習目的×日本人に最適な教材
    IELTS
    日本でも受験者が急増中

    世界で年間300万人がIELTSを受験。日本での英語能力判定試験のスタンダードへ。アメリカでも大多数の教育機関がTOEFLに代わる試験として、入学審査で採用。日本でも大学生を中心に、受験者数が急増中。

  • 40年以上の教育
    IELTS
    テストの質

    IELTSは他テストとは違い4技能を測定し、しっかり人も入った確認や採点も自動ではないため、質が高く保証されています。もちろんテストは対面でのスピーキングを重要視し、実践的な英語能力を測定されます。

IELTS メニュー
お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
IELTS 無料体験レッスン お申込み

40言語

  • 英会話
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ロシア語
  • イタリア語
  • ウズベク語
  • キルギス語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • 中国語
  • 韓国語
  • インドネシア語
  • タイ語
  • タガログ語
  • セブ語
  • ネパール語
  • ベトナム語
  • マレーシア語
  • 日本語
  • 台湾語
  • クメール語
  • モンゴル語
  • ラオス語
  • ミャンマー語
  • ヒンディー語
  • ウルドゥー語
  • ベンガル語
  • タミル語
  • アラビア語
  • ペルシア語
  • エジプト語
  • トルコ語
  • スワヒリ語
  • その他

  • 40カ国語
  • TOEIC 対策
  • TOEFL 対策
  • IELTS 対策
  • スキル 一覧
  • 会社情報
  • 【企業法人向け】カリスマ講師陣
  • 【企業法人向け】グローバル人材育成
  • 【学校法人向け】講師派遣・講座情報
  • お問い合わせ・資料請求
  • 無料体験レッスン
  • メールマガジン
  • TOP
  • バークレープロフェッショナルズ

  • TOP
  • 3つの主張
  • コース紹介
  • 異文化理解
  • プレゼンテーション
  • ミーテイング
  • ネゴシエーション
  • ライティング
  • テレカンファレンス
  • パスウェージョン
  • ファシリテーション
  • 体験者の声
  • 講師紹介
  • 会社概要
  • 問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • TOP
  • Three Points
  • Courses
  • Global Mindset
  • Presentation
  • Meeting
  • Neotiation
  • Writing
  • Teleconferenc
  • Persuasion
  • Facilitation
  • Clients Voice
  • Trainers
  • Company Profile
  • Contact
  • Sitemap
  • Privacy Policy