IELTSテスト対策
IELTSブログ
レッスンメニュー

IELTS TOEFL 比較

IELTSとTOEFLではどちらが簡単?

IELTSとTOEFLはどちらも英語圏の学校に留学をする場合、避けては通れない必須のテストになります。この2つのテストにはどういった違いがあり、どちらのテストの方があなたに適しているのでしょうか。

IELTSとTOEFLの比較一覧表


比較項目 TOEFL® iBT TEST IELTS
テスト全体の所要時間 約4時間
(チェックインを含めおよそ4時間半)
4つのテストの合計所要時間は、約2時間45分
(但しSpeakingが午後で待ち時間があったり、別日程になることが多い)
Reading 問題数・所要時間 36~56 問 60~80 分
40問 60分
Listening 問題数・所要時間 34~51 問 60~90 分 40問 約30分
Speaking 問題数・所要時間 6 課題 20 分 11~14分
Writing問題数・所要時間 2 課題 50 分 2問 60分
ライティング試験形式 標準の英語PC キーボード (QWERTY 配列) を使用して解答 紙に黒鉛筆で記入して解答
スピーキング試験形式 PCに向かって、ヘッドセットを使い解答を録音 試験官との1対1のインタビュー形式
身分証明用書類 パスポート
運転免許証 等
パスポート
採点結果 テスト結果は1点刻みで、
総合スコアは、4セクションの得点を合計した、120点満点で示される。
30点満点(Reading セクション)
30点満点(Listening セクション)
30点満点(Speaking セクション)
30点満点(Writing セクション)
総合スコア120点満点
テスト結果は0.5ポイント刻みで、1.0から9.0のバンドスコアで示される。総合スコアは4つのセクションの平均点となる。
1.0~9.0(Reading セクション)
1.0~9.0(Listening セクション)
1.0~9.0(Speaking セクション)
1.0~9.0(Writing セクション)
総合スコア1.0~9.0
受験料 $235 (2018年4月1日現在) 25,380円 (2018年4月1日現在)
スコア通知のタイミング(オンライン) テスト日から約 10 日後にオンライン表示 筆記テスト13日後の13:00にオンライン表示
支払方法 クレジットカード クレジットカード
コンビニ現金支払
郵便局ATM
スコアの受付団体/機関 130 か国の 10,000 を超える機関
(2018年4月1日現在)
140ヵ国、合計10,000機関が認定
(2018年4月1日現在)
日本語公式HP https://www.ets.org/jp/toefl http://www.eiken.or.jp/ielts/

その他 IELTS 比較

※TOEFL iBTでは、テストを受ける前に QWERTY 配列のキーボードで入力する練習しておく必要有り。
※IELTSと比べて、TOEFL iBTの方が難しいと感じる方が多い理由は、TOEFL iBTには、“Integrated Task” (例:問題を読んで、それについての会話を聞いて、最後に自分の意見を喋る・書くといったもの)が有るためだと考えられます。(公式スコアでは日本語が母国語の受験者のTOEFL iBT平均は71点でIELTS平均は5.81とされています。だいたい、TOEFL換算75.5点程度と推測されるため、やはり日本人にはTOEFL iBTの方が難しいと感じられるのかもしれません。)

※TOEFL®TEST, TOEFL iBT®TEST and TOEFL ITP®TEST are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS). This web page is not endorsed or approved by ETS.

IELTS メニュー
東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
IELTS 対策
無料体験レッスン お申込み

IELTS メール相談 無料