日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

2021/6/29

イギリスの人気大学のひとつ、ロンドン大学を徹底解剖!

sign01

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

新しい言語を楽しみながら学ぶ手段として、留学を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?英語を学びたい方、また高水準の教育を求める方にとって、イギリスはうってつけの留学先です。

イギリスは大学教育に力を入れており、高い教育水準を誇ります。ロンドン大学は、イギリス国内で最大の連合制大学です。

今回は、ロンドン大学について、その特徴や学費、ランキングなどを紹介します。

目次

ロンドン大学とは?特徴などを紹介

ロンドン大学の特徴や偏差値、ランキングについて見ていきましょう。

ロンドン大学とは「人々のための大学」

ロンドン大学の最大の特徴は、この大学が「人々のための大学(ピープルズ・ユニバーシティ)」であるという点です。

どういうことかというと、ロンドン大学は、人種、宗教、政治的信条に関わりなく、誰でも学問を受けられることをモットーに設立された大学だということです。

これは昔、同じくイギリス国内の大学である、オックスフォード大学やケンブリッジ大学が、白人の英国国教会信徒のみに入学を許可していたことに対抗したためです。

ロンドン大学は、実は1箇所の大学を指す名称ではありません。18校の独立したカレッジにより構成される連合制の大学なのです。

ロンドン大学にある学部

ロンドン大学は大規模な大学であるため、学べる分野も幅広いです。また、カレッジによって設置されている学部が異なります。

ここでは、ロンドン大学で学ぶことのできる分野をご紹介します。

  • 会計と財務、ビジネスと管理、コンピューティングおよび情報システム
  • 犯罪学、開発と地球科学、経済、教育と教育、ジェンダー研究、グローバルメディアとデジタル文化
  • 健康、人文科学、国際的開発、国際関係、法律、マーケティング
  • 数学と統計、社会科学、獣医学と獣医看護

ロンドン大学の偏差値

イギリスの大学は、偏差値で難易度を評価するシステムを採用していません。代わりに、大学ランキングが難易度の測定の参考となります。

ロンドン大学のランキングと難易度

前述した通り、ロンドン大学とは18のカレッジから構成されており、その評価も各カレッジごとに行われています。

2021年の「QS World University Rankings」において、ロンドン大学を構成するカレッジのうちのひとつである、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が第10位にランクインしています。

このランキングは、「クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)」という大学評価機関が発表しており、世界三大ランキングのひとつとされています。

また、2021年の「The Times and Sunday Times Good University Guide」において、ロンドン大学のカレッジは次の様な評価を受けています。このランキングは、英タイムズ&サンデータイムズ紙が発表しているものです。

  • ・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス(通称ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス/LSE):第4位
  • ・ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL):第8位
  • ・ロンドン・ロイヤル・ホロウェイ:第22位
  • ・キングスカレッジ・ロンドン:第30位

ロンドン大学は、イギリス国内でも、世界的にも、高く評価されていることがランキングからもわかります。

高い順位にランクインしているほど、難易度も高い傾向にあり、入学するためには高等学校で好成績を納めている必要があります。

ロンドン大学の学費の目安(1年間)

授業料 100〜200万円
滞在費 100万円
食費 24〜36万円
交通費 18万円
海外留学保険費 10〜20万円
合計 252〜374万円
※2021年6月時点の為替レートで計算しています。

イギリスの大学は、ほぼすべてが国立大学であるため、あまり学費にばらつきがありません。文系か理系かによって多少学費が異なる面はあるのですが、他国ほど大学間での学費の幅は存在しないのです。

ロンドンでの滞在となると、生活費は高額となります。ロンドンは世界的に見ても、滞在費や食費が高価だといわれています。

滞在費は、どのような場所に泊まるのかによって大きく変わります。節約したい場合は、ルームシェアやフラットシェアを活用するなどして、複数人で住めば家賃を抑えることができます。

イギリス、特にロンドンは外食にかかる費用が高額となる地域です。一方、スーパーマーケットなどで購入する食材には消費税がかからず、比較的安く済ませることができます。節約したい場合は、自炊が効果的です。

ロンドンでの移動手段は地下鉄・バスがメインです。どのくらいの距離・頻度で移動するのかによっても交通費は変わります。留学時は、交通費に学生割引があるため、積極的に活用しましょう。

ロンドンにある大学以外のおすすめ大学

イギリスには、ロンドン大学以外にも有名な大学が存在します。世界的な大学ランキングに、高い順位でランクインしている大学もあります。ここではロンドンの代表的な大学を3つ紹介します。

ロンドンにある大学のランキングを紹介した記事もありますので、よければこちらも参考にしてみてください。

オックスフォード大学

英語圏で最も古くに設立された、歴史ある大学です。

世界大学ランキングにて常にトップレベルにランクインしており、1位を獲得することも珍しくない世界屈指の名門大学です。

政治家や学者を数多く輩出していることも特徴です。歴代イギリス首相のうち、28名はオックスフォード大学の出身です。39のカレッジで構成されています。

ケンブリッジ大学

英語圏で2番目に古い大学です。こちらも、オックスフォード大学と並んで世界有数の名門大学であり、2つの大学を合わせて「オックスブリッジ」と称されます。

これまでに89人ものノーベル賞受賞者を輩出しており、これは他のどの大学よりも多い数です。イギリス国内の大学としては、最も入学難易度が高いといわれています。

歴代イギリス首相のうち15名はケンブリッジ大学の出身です。31のカレッジで構成されています。

マンチェスター大学

イギリス最大級の大学です。イギリス国内において、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次いで、ノーベル賞受賞者が多い大学です。

世界初のプログラム内蔵式コンピュータが開発された大学でもあります。

ロンドン大学への留学に必要な資格・準備

ロンドン大学は、お伝えした通り複数のカレッジで構成されているため、留学に必要な資格や条件なども、留学希望先によって異なります。

こちらでは、一般的に要求されることが多い書類・条件を紹介します。

・高校卒業の証明

同時に、学業成績や高校の先生の診断書が必要とされることが多いです。

・パーソナル・ステートメント(志望動機)

大学への志望の動機や、学問に対する熱意を記述します。

イギリスの大学への入学合格にあたって、このパーソナル・ステートメントは非常に重要となります。

・英語スコア おおよそIELTS総合スコア6.5以上

入学の条件として、IELTSのスコアに基準を設ける大学は数多くあります。カレッジによっても違うので、希望のカレッジがどのような条件を課しているのか、確認しておくと安心です。

ロンドン大学への留学で必要とされる英語スコアは、決して低くはありません。効率の良い学習方法がわからなかったり、モチベーションが保てなかったりと、目標のスコアになかなか届かない場合もあるかもしれません。

効率的にIELTSのスコアをアップさせる方法として、IELTSに特化した講座を受けるという方法があります。IELTSのプロの講座を受けられるため、無理なく目標のスコアを達成することができます。

IELTSの講座としておすすめなのは、「バークレーハウス」の講座です。

こちらの講座では、IELTSで高得点を取得している講師の講座を受けることができます。実際に受講生が目標スコアを達成し、希望大学へ留学を果たしているという実績もあります。

まとめ

本記事では、ロンドン大学への留学について、その特徴をご紹介しました。

ロンドン大学はイギリス国内でも、世界的にも高く評価された、イギリスのトップ大学のひとつです。多くのカレッジから構成されており、学ぶことのできる学問の幅も広いです。

ロンドン大学への留学にあたっては、留学費用や、留学の際に要求される条件を把握しておく必要があります。また、効率的に英語学習をすることが大切です。

トップ大学であるということもあり、ロンドン大学への留学は簡単ではありません。しかし、きちんと準備をしておけば、条件を達成し留学を実現することができます。

ロンドン大学への留学に興味のある方は、参考にしてください。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る