日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTSページで 詳しく見る

2021/6/2

【2021年版】イギリス大学ランキング!留学先のおすすめや選び方は?

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

世界でもトップクラスの大学が多くあるイギリス。イギリス留学を考えている方には、どんな大学があるのか分からなかったり、どう大学を選べばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、イギリスでトップ10の大学についてそれぞれの特徴や費用などをご紹介し、留学先の選び方についても解説します。イギリス留学を検討しているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

※費用はすべて1ポンド(GBP)=150円で計算しています(2021年5月現在)。

目次

イギリス大学ランキング その1 ケンブリッジ大学

THE世界大学ランキングでも上位10校以内にランクインしているケンブリッジ大学。多くの一流大学連盟に名を連ね、数多くのノーベル賞受賞者を輩出してきた歴史ある大学です。ケンブリッジ大学にはキャンパスがなく、31の高い独立性のあるカレッジで構成されています。

各カレッジには自治権があり、教員とフェロー(特別研究員)の指名や、入学する学生の選定、学部生への指導など、学内での様々な手配を行っています。

外国人学生の授業料は教科によって異なり、年間約2万2,000~3万3,000GBP(約333万~507万円)となります。

イギリス大学ランキング その2 オックスフォード大学

1096年創立の長い歴史を持つオックスフォード大学は、THE世界大学ランキングでも上位校に数えられ、その高い教育レベルで数々の機関からトップクラスの評価を受けている一流大学です。構成するのは、独立した38のカレッジと、パーマネント・プライベート・ホールと呼ばれる6つのカレッジ。

チュートリアルと呼ばれる個人指導型の授業が特徴的で、学部生は自分の専攻分野の専門家から毎週1時間の指導を受けることができます。

外国人学生の授業料は年間約2万5,000~3万6,000GBP(約386万~540万円)です。

イギリス大学ランキング その3 セント・アンドリューズ大学

政治面や宗教面においてスコットランドの中心の町に位置するセント・アンドリューズ大学では、神学部や哲学部など、人文学部が特に高い評判を得ています。

学生は出願時に4つの学部から1つを選択しますが、3年生と4年生でさらに専門的な勉強に進むために学部を変更することもできます。

外国人学生の授業料は年度によっても変動しますが、年間約2万~2万5,000GBP(約308万~376万5,000円)です。

イギリス大学ランキング その4 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の正式名称はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス。社会科学に特化しており、ノーベル賞受賞者も多く輩出している大学です。

学生の約半数が外国人留学生と、イギリスでも非常に国際的な環境で、社会科学に特化した図書館としては世界最大規模の図書館を利用できます。

外国人学生の授業料は年間約2万1,000GBP(約323万円)です。

イギリス大学ランキング その5 インペリアル・カレッジ・ロンドン

数々の世界大学ランキングでも上位にランクインしているインペリアル・カレッジ・ロンドン。「ゴールデントライアングル」と呼ばれるイギリスのトップ大学グループのうちの1校で、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学などと名を連ねます。

科学や工学、医学の分野では特に高い評価を受けており、近年はビジネスや人文科学の分野でも評価されています。

外国人学生の授業料は年間約3万~4万4,000GBP(約450万~660万円)です。

イギリス大学ランキング その6 ダラム大学

ケンブリッジ大学やオックスフォード大学などに次ぐ一流大学としても有名なダラム大学。2つのキャンパスと16のカレッジで構成され、各カレッジではアコモデーションだけでなく、他の学生やスタッフとの交流のための施設や設備なども提供しているため、コミュニティ意識が生まれやすい環境が整っています。

外国人学生の授業料は年間約1万9,000~2万5,000GBP(約288万~387万円)です。

イギリス大学ランキング その7 ラフバラー大学

レスターシャー州のラフバラーまでは、ロンドンから電車で北へ約1時間半。キャンパスの広さは約1.75km²と、1キャンパスとしてはイギリスでも最大級の大きさです。

工学やビジネスなどの学問分野だけでなくスポーツでも高い評価を得ており、年間スポーツ大学賞にも選ばれています。

外国人学生の授業料は年間約1万8,000~2万3,000GBP(約279万~346万円)です。

イギリス大学ランキング その8 ロンドン大学ユニバーシティカレッジ

ロンドン大学ユニバーシティカレッジは、ロンドン大学で最古にして最大のカレッジです。2021年にはQS世界大学ランキングで第10位にランクインするなど、トップレベルの大学だと評価されています。

約4万人の学生の中で約13,000人が外国人留学生と、国際的な大学としても知られています。ケンブリッジ大学やオックスフォード大学とともに、トップ大学グループ「ゴールデントライアングル」に名を連ねています。

外国人学生の授業料は年間約2万~3万2,000GBP(約304万~483万円)です。

イギリス大学ランキング その9 バース大学

イギリスで唯一の温泉や、蜂蜜色のバース石でできた美しいジョージアン様式の建物が並ぶ世界遺産の都市、バース。そこで50年以上の歴史を持つバース大学は、世界クラスの大学として評価されています。

学生は工学や科学、デザインや人文科学、マネジメントや社会科学など、幅広い教科を学ぶことができます。

外国人学生の授業料は年間約1万8,000~2万2,000GBP(約270万~334万円)です。

イギリス大学ランキング その10-1 ウォーリック大学

ランカスター大学と同率10位にランクインしているウォーリック大学。1965年設立と比較的新しい大学ですが、ラッセルグループの加盟校でもあり、イギリスの一流大学として知られています。

文学部と医学部、社会科学学部、科学学部の4つの学部から構成され、多くの国から留学生も在籍しています。

外国人学生の授業料は年間約2万~2万5,000GBP(約303万~386万円)です。

イギリス大学ランキング その10-2 ランカスター大学

ウォーリック大学と同率10位のランカスター大学は、イギリス国内の複数の大学ランキングで上位10校に入り、QS世界大学ランキングなどでも上位にランクインしているハイレベルな大学です。

8つの学士課程のカレッジと1つの修士課程のカレッジがあり、留学生も多く在籍しています。外国人学生の授業料は年間約1万9,000~2万4,000GBP(約298万~361万円)です。

イギリスにある大学の選び方

イギリスにはハイレベルな大学が数多くあるため、留学先をどう選べばよいのか迷う人も多いでしょう。選び方の参考として、3つの軸をご紹介します。

選び方1. 学部・学科

学びたい分野の学部や学科があるか、指導を受けたいと思う教員がいるかどうかで選ぶのは良い方法でしょう。

自分がイギリスでの留学を通してどんな専門知識を深めたいのか、考えてみましょう。

選び方2. エリア

一口にイギリスと言っても、エリアによって様々な特徴があるため、エリアで大学を選択するのもポイントです。

静かな環境で学問に専念したいのか、ナイトライフなどを楽しむことも留学の体験にしたいのかなど、どんな留学生活を送りたいかをイメージすることで選びやすくなることもあります。

選び方3. 費用

イギリスでは大学によって学費も様々です。留学には学費以外にも生活費や保険料なども必要になるため、どこまでの費用を授業料にあてられるのかを考えてみることも大切です。

まとめ

本記事では、イギリスのトップ大学11校の特徴や費用などと、留学先となる大学の選び方をご紹介しました。

イギリスには一流大学が多く、それぞれに特徴があります。留学で学びたい学問分野や大学があるエリア、費用なども吟味して大学を選ぶことが大切です。

イギリス留学を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTSページで詳しく見る