日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

2022/6/23

オーストラリアのワーホリで必要な費用はいくら?出発前の資金と現地生活費に分けて解説!

オーストラリア_ワーホリ_費用

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

オーストラリアでのワーホリ留学に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

留学するとなると、気になるのは費用面ですよね。

そこで今回は、オーストラリアでのワーホリ留学にかかる費用やその費用を抑える方法、ワーホリ留学をするうえで知っておきたいことの3点をご紹介します。

費用面が気になっている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

オーストラリアワーホリで必要な合計費用(1年)

早速、1年間のワーホリ留学にかかるおおよその費用についてご紹介します。

1年間のオーストラリアでのワーホリ費用は150〜200万円!

オーストラリアで1年間ワーホリ留学をした場合の費用は、150〜200万円です。

なぜ200万円以下でオーストラリアに留学できるのかというと、ワーホリは現地でアルバイトをしてお金を稼げるからです。

つまり、留学中に現地生活費をまかなうことができます。

アルバイト先によって給料は異なりますが、1年間に50万円〜120万円ぐらいがアルバイトの収入の目安です。

この金額を生活費にあてることができるので、他の留学よりも安い費用で留学することができます。

事前にある程度の貯金を用意してから出発しよう

アルバイトで現地生活費を稼ぐことはできますが、最初の3ヶ月分くらいの生活費だけは用意しておいたほうが無難です。

いきなりアルバイト先が決まる保証はありませんし、英語に慣れていない場合だと雇ってくれる店も少ないからです。

次にご説明する初期費用の金額ぐらいは事前に準備しておいたほうが良いので、参考にしてみてください。

オーストラリアのワーホリ出発前の初期費用の目安

ここでは、1年間のワーホリ留学をするにあたり、渡航前に用意しておくべき初期費用をご紹介します。

金額はあくまで目安なので、渡航先の都市の規模や個人の生活スタイルによって多少異なります。

基本的にシドニーやメルボルンのような大都市では滞在費は高くなり、郊外では安くなります。

また、最初の3ヶ月間は語学学校に通ってアルバイトができるくらいの英語力をつけ、残りの期間でアルバイトをすると仮定した場合の金額です。

項目金額
語学学校の学費 (入学金、授業料、教材費)18万5,000円
航空券代12万円
ビザ申請費用4万5,000円
海外留学保険代18万円
渡航後3ヶ月分の滞在費・生活費42万円
渡航後3ヶ月分の交通費2万4,000円
渡航後3ヶ月分の交際費2万1,000円
渡航後3ヶ月分の通信費1万2,000円
合計100万7,000円

オーストラリアのワーホリで滞在中に必要な費用相場

続いて、上述した初期費用を差し引いた、オーストラリア滞在中に必要になるおおよその費用をご紹介します。

こちらも金額はあくまで目安です。

項目金額
滞在費・生活費126万円
交通費7万2,000円
交際費6万3,000円
通信費3万6,000円
合計143万1,000円

初期費用の金額と合わせると、1年間にかかる費用の目安は243万8,000円になります。

ただし、ワーホリではアルバイト収入を生活費にあてることができます。

たとえば1年間に50万円稼ぐだけで、200万円以下でオーストラリアで留学生活を送ることもできるのです。

オーストラリアのワーホリ費用を抑えるポイント

ここまで、1年間のオーストラリアでのワーホリ留学にかかる費用についてご説明しました。

アルバイトをしながら留学できるので、もう少し費用面の負担が少ないのかと思った。

このような感想をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、ワーホリ費用を抑えるポイントについてご説明します。

語学学校の期間を短くする

これまでにご説明した費用は、「1年の最初の3ヶ月は語学学校に通い、残りの期間をワーホリとしてアルバイトをしながら留学生活を送る場合」にかかる金額です。

語学学校の学費が大きなウェイトを占めているので、語学学校に通う期間を短くすれば費用面を抑えることができます。

ただし、語学学校に通う期間が短くなる分、渡航前に日本でしっかりと英語を勉強しておくことが大切です。

ワーホリの期間を半年にする

ワーホリの期間を1年間から半年に短くするのも、費用を抑える効果的な方法です。

期間が短くなったら英語がしっかりと身につかないのではないかと思われる方もいるかと思いますが、必ずしもそうではありません。

半年間日本語をほとんど話さず英語の勉強に勤しみ、積極的に現地の人に英語で話しかけ、語学学校やアルバイトで多くの人と会話をすれば、帰国する頃には現地の人と詰まることなく日常会話できるレベルに到達することも期待できます。

期間が半年になっても、しっかりと目標を持って生活をすれば、質の高い留学を実現できるのです。

以下では、ワーホリ留学を半年にした場合の費用をご紹介します。

なお、最初の3ヶ月を語学学校に通い、残りの3ヶ月アルバイトしながら生活した場合の金額です。

項目金額
語学学校の学費 (入学金、授業料、教材費)18万5,000円
航空券代12万円
ビザ申請費用4万5,000円
海外留学保険代18万円
滞在費・生活費84万円
交通費4万8,000円
交際費4万2,000円
通信費2万4,000円
合計148万4,000円

上の金額もあくまで目安であり、個人の生活スタイルや滞在場所によってはさらに抑えることもできます。

アルバイトの収入を生活費にあてることができるので、人によっては100万円以下で留学することも不可能ではありません。

滞在費の安いシェアハウスに住む

英語に慣れていない最初の頃は、学生寮やホームステイに滞在することがおすすめです。

寮の仲間やホストファミリーと英語で喋り、英語力を磨きましょう。

ただし費用面から考えると、英語力が向上しオーストラリアの環境に慣れてきたらシェアハウスに住むことをおすすめします。

シェアハウスは数人でひとつの家を共同で借りて住む滞在方法で、一般的に寮やホームステイよりも滞在費を安く抑えることができます。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

オーストラリアのワーホリで知っておきたいこと

最後に、オーストラリアにワーホリ留学する際の注意点をご紹介します。

滞在場所が郊外だとアルバイトが少ない

滞在場所がシドニーやメルボルンのような都会ならば、アルバイト先は比較的簡単に見つかるでしょう。

しかし郊外だとお店の数も少ないので、アルバイト先がなかなか見つからない事態も起こり得ます。

郊外は家賃や物価も安く滞在費を抑えられるのが強みですが、アルバイト先が少ないデメリットもあるので注意しましょう。

アルバイトにはある程度の英語力が必要

アルバイトをするためには、最低でも日常会話程度は理解できることが大切です。

たとえばカフェやレストランのホールスタッフで働くならば、客からの要望や同僚からの指示を最低限理解できる程度の英語力は必要になります。

そのため、渡航前からしっかりと日本で英語学習に励みましょう。

基本的な単語や文法は渡航前にマスターしておき、渡航してから積極的に英語を話すことで、アルバイトでも通用する生きた英語を習得できます。

まとめ

本記事では、オーストラリアでのワーホリ留学に必要なおおよその費用と節約する方法、そしてワーホリの注意点についてご紹介しました。

ワーホリ留学は現地でアルバイト収入を得ることができるため、150〜200万円でオーストラリアに1年間留学することができます。

しかしアルバイト先がすんなり決まるとも限らないので、3ヶ月分の生活費ぐらいは事前に用意しておくと安心です。

また、アルバイトをするには日常会話程度の英語力は必要なので、渡航前から英語をしっかりと勉強しておきましょう。

現在オーストラリアでのワーホリ留学を検討している方は、今回ご紹介したポイントを踏まえて、具体的な留学プランを立ててみてはいかがでしょうか。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る