コーヒー文化

コーヒー

ヨーロッパの国々ではコーヒーを飲むことが多いですが、ポルトガルはコーヒー消費量が多い国なのです。1人当たり年間400杯ほど消費をします。1日1杯以上を飲む計算です。 ポルトガル国内では大手コーヒーチェーンを見ることはありませんが、町には沢山あります。チェーン展開をする前からカフェ文化が定着している証です。 ポルトガルでは人間関係構築などするためにもカフェをコーヒーを飲みながら話すことも多く、カフェがなくてはならない存在となっています。

ポルトガルとは

国旗

ユーラシア大陸の最西端に位置するポルトガルは、スペインと国境を接し、南西は大西洋に面しています。国は共和制の国家です。 面積は91,985平方kmで、日本の約1/4の面積です。首都はリスボンで、人口の大半がリスボン周辺に住んでいます。 日本には大航海時代に訪れており、江戸幕府が規制を掛けるまで海を通して貿易をしておりました。

魚介大国

魚

ポルトガルは日本な同じく魚介大国です。そのため、沢山のシーフード料理が味わえます。大航海時代からポルトガルで食べられている国民食は「干しダラ」です。 ポルトガルでは300種類以上もタラ料理のレシピを使い様々なように調理をされています。生のタラではなく、干したタラが主流なのは保存食として使われていたからでもあります。 干しダラの次に良く食されているのは鰯です。

世界トップクラスの交渉力

ポルトガルはスペインと時を同じくしてヨーロッパ市場へ参入を決めましたが、スペインよりずっと良い条件を獲得することができました。 語学力なども極めて高く、ラテン系民族の中では1番かもしれません。英語以外にも、フランス語・ドイツ語なども多くの人が話せます。 交渉における考え方は、会社での取引でも決定は個人、家族、地位が影響をする。また交渉の結果は個人の能力による功績・失敗とみなされる。 また、再考の余地を残すのに値段をふっかけたり、調整したり柔軟に対応することができる。 ポルトガルには優れた科学技術や天然資源に欠けるため、不利な立場での交渉が強く、洗練されたやる方を身に付けている。

サングラス

ポルトガルといえば、ラテンの国。イメージとして浮かぶのは「太陽」です。1年間の日照時間は3,000時間以上あり、目をケアするためにもサングラスが絶対に必需品です。 カフェの次に多く見かけるのは雑貨屋・眼鏡屋でのサングラスの販売です。日本人は「サングラスは…」と悩まれる方もいると思いますが、絶対に必要です。

傘祭り

傘祭り

お祭り大好きなポルトガル人! 1年間通してイベントが多く開催されています。ボルト近郊で毎年7-9月に行われるカラフルな「傘祭(Umbrella Sky Project)」や「リスボン祭り」など街全体がいつも以上に盛り上がり雰囲気が良いですよ。

アズレージョに彩られた建造物

アズレージョ

アズレージョとは建築物の内外壁に詰められたタイルのことで、歴史や文化の影響を受けて時代によって色の特色が異なります。 ポルトガルでは様々なタイルが存在し、デルフト焼き、ムデハル様式の装飾タイルなどあります。 また、リスボンには国立アズレージョ美術館があり、貴重な作品が数多く存在します。

世界で3番目に美しい書店

レロ書店

レロ書店: 1869年創業の老舗書店で、トラベルガイド「ロンリープラネット」が選出した「世界で最も美しい書店ランキング」で3位に選ばれています。 現在は入場料4ユーロ掛かりますが、本を購入するとそこで入場料分の4ユーロを引いてくれます。 また、なんとこの書店は「ハリーポッター」の作者JKローリング氏もボルトに住んでいた際に通ったことで有名です。 2階にあるカフェで「ハリーポッター」の構想を練っていたと言われています。

東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み