フランス語紹介

学習

  • マレー語を話す国はどんな国?

    マレー語はオストロネシア語族に属するマレー語のうち、マレーシア国内で使われるもので、インドネシア語と基本は同じで、計2億4千万人とのコミュニケーションも可能な言語です。マレーシア、ブルネイ、シンガポールで話されている。

  • マレー
  • マレー語 基礎知識

    ●語順

    SVO
    ●日本語/英語と比較した言語の特徴 
    語順は英語と同じであるが、修飾語が被修飾語の後に置かれるような、日本語や英語とも違う語順がある。ローマ字で表記されるマレーシア語は、発音も文法もシンプルで学びやすい言語の一つと言えます。

    ●マレー語 発音
    発音はほぼローマ字読みでよく、声調などはありません。語尾の「d,t,k」は発音しません。マレーシア語の個々の単語には英語のようなとくに決まった明瞭なアクセントはない。文末を上げ調子に読むだけで、疑問文になり、文全体のイントネーションや、文中の区切り方などが大切。

    ●マレー語 文字
    マレーシア語は固有の文字をもたず、ローマ字のアルファベット26文字で表記されている。 もともとはアラビア文字を借用して作ったジャウィ文字(Huruf Jawi)が、14世紀頃から使われていたが、イギリスの植民地時代の1904年に、ローマ字による表記法が正式に導入された。

    ●マレー語 文法
    語順は英語と同じ<主語+動詞+目的語>が基本です。英語のbe動詞にあたるものはなく、主語と目的語を並べるだけです。動詞の活用や品詞の変化などもありません。

    ●マレー語 学習の仕方
    声調もなくローマ字を読む要領で発音でき、文法も複雑な活用がないためかなり学習しやすい言語です。語彙力を増やし、会話で実践的に使えるように学習を進めます。

マレー語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
マレー語 無料体験レッスン お申込み