日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

2021/6/15

イギリス留学に必要な持ち物リスト!いらないもの・便利グッズも紹介

objects

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

イギリスに留学するにあたり、日本から何を持っていけばよいのか悩んでいる方も多いと思います。航空会社によって受託手荷物の重量も決まっているので、あれもこれもスーツケースに詰め込んでイギリスに持っていくのも難しいところです。

そこで今回は、イギリス留学に必要な持ち物リストをまとめました。これからイギリスに留学する予定がある方はぜひ参考にしてくださいね。

目次

イギリス留学に必要な持ち物【必需品】

それでは、イギリス留学に絶対に持っていくべき必需品から見ていきましょう。

持ち物(1)パスポート

渡航の際に欠かせないパスポート。パスポートの残存期間は取得するビザによって異なるので、渡航前に必ず確認しておきましょう。

また、現地では成人でもお酒を買うときにパスポートの提示を求められることもあります。パスポートを持ち歩くのは危険なので、コピーを持参しましょう。

持ち物(2)入国や入学に必要な書類

ビザの関連書類や入学許可証、海外保険加入証、滞在先の資料など、入国や入学に必要な書類は忘れずに持参しましょう。

特に入学許可証や滞在先の資料は入国の際に必要です。ファイルなどにまとめて手荷物で持参しましょう。

持ち物(3)航空券

留学する場合は、原則として往復の航空券が必要です。ただ取得するビザによって片道でも良い場合があるため、事前に確認しておきましょう。

また、電子航空券のeチケットの場合は、控えをコピーして持参することが必要です。

持ち物(4)現金

現地に入国した際、現金がまったくない状態では少し不安ですよね。もしもに備えて渡航する前にポンドに両替しておきましょう。

ただ大金を持ち歩くのは危険なので、1万円~2万円を目安に両替しておくのがおすすめです。

持ち物(5)クレジットカード

イギリスでは多くの地域でクレジットカードが利用できます。また身分証明書としてクレジットカードが必要になる場面もあるので、1枚は必ず持っていくようにしましょう。

持ち物(6)常備薬

留学中に腹痛や頭痛など体調を崩すこともあるかもしれません。そんな場合に備えて、日本で飲み慣れた薬を持参するのがおすすめです。

もちろんイギリスでも薬は買えますが、人によっては現地の薬が合わない可能性もあります。日本人のために作られた日本の薬を持参するほうが安心でしょう。

イギリス留学に必要な持ち物【勉強道具】

大学や大学院、語学学校、専門学校に入学する場合は、勉強道具の準備も必要です。それぞれ必要な持ち物を見ていきましょう。

持ち物(1)筆記用具

イギリスでも筆記用具は購入できますが、日本ほど種類は多くありません。また擦ると消えるフリクションのような便利なペンも手軽に購入できないので、日本から持参するのがおすすめです。

持ち物(2)参考書

当然のことながら、学校で使用するテキストはすべて英語表記です。そのため、日本語で記載された参考書を持参するようにしましょう。

日本語の参考書があれば勉強の理解力も高められるので、授業にもついていきやすくなります。

イギリス留学に必要な持ち物【電子機器】

次に、電気機器についてまとめました。イギリスでも購入できますが、日本で揃えたほうがよいアイテムもあるので確認しましょう。

持ち物(1)スマートフォン

日本で販売されているスマートフォンの多くは、イギリスでも使用することができます。ただし、SIMロックされている場合にはイギリスのSIMを使用することができず、Wi-Fiにつながなければ使用できません。

そのため、事前にSIMフリーのものを購入することがおすすめです。ちなみにイギリスでも携帯ショップで購入できます。

持ち物(2)ノートパソコン

大学や大学院、専門学校に入学する場合は、パソコンを持参するのがおすすめです。課題の提出で使用することはもちろん、専攻分野によっては授業でノートパソコンが必要になることもあります。

現地で購入するとキーボードの表記が英字になるので、日本から持参するのが得策でしょう。

持ち物(3)変換プラグ・変圧器

イギリスと日本では、電圧やコンセントの形状が大きく異なります。スマートフォンやパソコンの充電ができなくなるので、イギリス対応の変換プラグを購入しておくのがおすすめです。

日本から持参すれば、渡航した日から携帯やパソコンの充電を行えます。

また、ドライヤーを日本から持参する場合は変圧器も合わせて購入しておきましょう。
もし変圧器なしで使用した場合、場合によっては製品が故障する恐れがあるので十分に注意が必要です。

イギリス留学に必要な持ち物【衣類・日用品】

次は、衣類や日用品です。留学先に必ず必要ではないですが、もしもの時に役立つでしょう。

持ち物(1)防寒具

寒い時期にイギリスに留学するなら、防寒着を持参しましょう。冬以外でも夜は冷え込む日もあるので、日本から持参するのがおすすめです。

留学の期間にもよりますが、2~3枚あると便利でしょう。

持ち物(2)スリッパ

イギリスでは室内履きで、スリッパを利用する家庭も少なくありません。特にホームステイする場合は、裸足や靴下のまま自宅で歩くことに嫌悪感を抱く方もいます。

また、学寮やシェアルームに住む場合は室内でも靴を履くルームメイトもいるので、スリッパを履くのが衛生的でしょう。

持ち物(3)日焼け止め

イギリスは日差しが強いため、日焼けしたくないなら日焼け止めを持参しましょう。日焼け止めはイギリスでも購入できますが、現地で販売されるものは日本人の肌に合わないこともあります。

特に敏感肌の方は日本から持参するのがおすすめです。

持ち物(4)折りたたみ傘

イギリスは突然の雨に遭遇する機会が多いです。「朝は天気が良くてもいきなり雨が降ってきた」なんてことも多いので、常に携帯できる折り畳み傘を1本持参すると便利でしょう。

持ち物(5)ウェットティッシュ

イギリスでは、日本のようにレストランやカフェでおしぼりを出す習慣がありません。でも食事をする前は手を拭きたいですよね。

そんな場面で役立つのが、ウェットティッシュです。食事の場面以外でも活躍するので、日本から持参しておくと何かと便利でしょう。

イギリス留学に必要な持ち物【便利グッズ】

ここからは、イギリス留学に持参すると便利なアイテムを見ていきましょう。

持ち物(1)洗濯ネット

イギリスの洗濯機は少量の水でたたき洗いするのが主流です。洗濯物をそのまま入れて洗濯すると衣類を傷めてしまうこともあります。

衣類を守るためにも、日本から持参した洗濯ネットに入れて洗うのがおすすめです。

持ち物(2)歯ブラシ

イギリスでも歯ブラシは販売されていますが、日本のものと比べるとサイズが大きく日本人の口に合わないこともあります。

もし使い慣れた歯ブラシがあるなら、留学期間に合わせていくつか持参するようにしましょう。

持ち物(3)電子レンジ調理器

留学中に、「お米が食べたい!」と思うこともあるかもしれません。ただイギリスでは炊飯器がないことも多いため、日本から電子レンジ専用の調理器を持参するのがおすすめです。

100円均一で購入できるものもあるので一度検討してみましょう。

イギリス留学にいらない持ち物

現地で困るのが嫌であれもこれも持って行きたくなりますよね。ただ、中には持っていかなくても良い持ち物もあります。

持ち物(1)日本食

日本の味が恋しくなることを予想して、インスタントの味噌汁や調味料を持参する方もいます。イギリスには日本の食材を販売するお店が点在しているので、必要以上に多く持参する必要はありません。

ただ、現地で購入できる日本の食材は高くなるので、その点だけ考慮しましょう。

持ち物(2)シャンプー・リンス

食材と同様に、シャンプーやリンスなど日本のブランドのアイテムは多く販売されています。

シャンプーやリンスは意外とスーツケースの場所を取るので、旅行用のシャンプー・リンスを持参し、あとは現地で購入するのがおすすめです。

持ち物(3)ノート

パソコンを持参するなら、ノートは必要最低限の枚数で問題ないでしょう。紙物は、持参する量が多くなると荷物が重くなってしまいます。

ノートの枚数が増えると帰国するときにも荷物が重くなってしまうので、なるべくペーパーレスを心がけてパソコンに情報を保存しましょう。

まとめ

本記事では、イギリス留学に必要な持ち物について紹介しました。パスポートや航空券、クレジットカードなど必ず持参するべきアイテムをはじめ、電気機器や勉強道具、日用品などあると便利な物まで幅広く紹介しています。

現在イギリス留学を検討している方は、今回ご紹介したアイテムを踏まえ、持ち物を準備してみてはいかがでしょうか。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る