日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

2021/7/1

ロンドン大学ランキング!ロンドンにある5つの大学をご紹介

stars

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

スキルアップのために、英語を学びたいと考えている方は多いと思います。海外留学なら、楽しみながら生きた英語を身につけることができます。

イギリスのロンドンは、英語圏の留学先として人気のある都市です。ロンドンには、さまざまな大学が存在します。実際に留学に行くとしたら、どの大学に行けばいいのか、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、イギリスの大学の特徴や、ロンドンにある大学の概要について紹介します。ロンドンへの留学を検討している方は、ぜひ読んでみてください。

目次

イギリスにある大学の特徴

イギリスの大学には、他国の大学と比べてどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

特徴1.ほとんどが国公立

イギリスにある大学のほとんどは国公立です。そのため、イギリスは他の国に比べて大学の数が少なく、約100校ほどしかありません。

また、ほとんどが国公立であることから、大学間での教育の質や、学費の幅が比較的小さいです。

特徴2.授業のレベルが高い

前述の通り、イギリスの大学のほとんどが国公立なので、各大学は国の管理下にあります。イギリスでは、大学は品質保証機関によって、教育の質を定期的に検査されています。

このことが功を奏してか、世界のトップ50の大学のうち、20%近くをイギリスの大学が占めています。いかにイギリスの教育・授業のレベルが高いかがわかります。

特徴3.3年で修了する

イギリスでは、学士号の取得が3年で修了します。

日本やアメリカの大学では4年かかるので、比較すると短期間で学位を取得できるということになります。これは、一般教養課程がないためです。

専門的に、深く学問を極めることを重視しているのが、イギリスの大学の特徴といえます。

ロンドンにある大学1.ロンドン大学

イギリスのロンドン市中心部に位置するカレッジ制の大学です。

特徴1.約200年の歴史がある名門校

ロンドン大学は、1836年に設立された、約200年もの歴史のある名門校です。イギリスでは国内で3番目に古い大学です。

元々は、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)とキングス・カレッジ・ロンドン(KCL)の、2つの大学において学位を授与する機関でした。

現在でも、イギリス内外で評価・ランキングが高い人気の名門校です。

特徴2.18のカレッジで構成された連合大学である

ロンドン大学とは、実はひとつの大学を指すのではなく、複数のカレッジや研究機関の連合体です。

前述の通り、初めは2つの大学の学位授与機関だったのが、次第に所属するカレッジが増え、今では18のカレッジが所属しています。

特徴3.「人々のための大学」

ロンドン大学が設立された際の理念は、「人々のための大学(ピープルズ・ユニバーシティ)」でした。人種、性別、宗教、政治理念、居住地に関係なく、誰でも学びの門戸が開かれているということです。

イギリスで初めて女性に学位を授与したのも、世界で初めて通信教育に乗り出したのもロンドン大学です。「人々のための大学」という理念が守られていることがよくわかります。

ロンドンにある大学2.インペリアル・カレッジ・ロンドン

インペリアル・カレッジ・ロンドンは、ロンドンに本部を置く理工系大学です。

特徴1.世界最高位の理系大学

インペリアル・カレッジ・ロンドンは理系専門の研究型の大学です。科学、工学、医学の分野の研究に力を入れており、国際的に評価されています。

大学ランキングでも常に上位に入っており、世界トップ10の大学として定評のある、世界最高位の理系大学です。

特徴2.多様性のある大学

インペリアル・カレッジ・ロンドンの特徴のひとつは、学生の国際色が豊かなことです。

イギリス全体では、白人ではない学生の大学での比率は平均16%です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの白人以外の学生の比率は38%と、全国平均の2倍以上です。

大学全体の留学生の比率はなんと50%以上にもなります。

特徴3.理系分野でのノーベル賞受賞者多数

インペリアル・カレッジ・ロンドンはこれまでに14名のノーベル賞受賞者を輩出しており、理系分野で世界的に貢献しています。

著名な人物としては、抗生物質・ペニシリンを発見した細菌学者のアレクサンダー・フレミング博士や、ビタミンを発見した生化学者のフレデリック・ホプキンス博士がいます。

ロンドンにある大学3.スクール・オブ・エコノミクス

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは、ロンドン中心部に位置する社会科学に特化した大学です。

特徴1.ノーベル経済学賞受賞者多数

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは経済学に最も力を入れており、これまでに13人のノーベル経済学賞受賞者を輩出しています。

経済分野の研究レベルは世界的に高く評価されており、世界第1位との評価を受けるほどです。他に、社会科学、人文科学などの分野でも、世界トップ10に入ると評価されています。

特徴2.留学生が多い

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスもまた、イギリス国内において留学生の比率の高い大学です。学部生のうち、半数以上を留学生が占めています。

大学院生も含めるとなんと7割が留学生です。非常にグローバルな大学であるといえます。

特徴3.環境・立地がよい

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスはロンドンの中心、シティーオブロンドンに位置しています。

これはイギリスの政治・経済・メディア・文化といった分野の中心地です。大英博物館やロイヤル・オペラ・ハウス、王立裁判所といった主要機関が徒歩圏内に存在します。

また大学には、社会科学専門としてはイギリス国内最大級の図書館があります。

ロンドンにある大学4.キングス・カレッジ・ロンドン

キングス・カレッジ・ロンドンは、ロンドン市内の中心部に位置する総合大学です。

特徴1.看護学や歯学で有名

キングス・カレッジ・ロンドンは、フローレンス・ナイチンゲールが世界で初めて看護学校を設立した大学です。そのため、看護学や歯学の分野において有名で、世界でも高い評価を得ています。

ヨーロッパ最大の歯科学校や、世界で最古の看護専門学校が、この大学に設置されています。

特徴2.ロンドン大学のカレッジの中では最大規模

キングス・カレッジ・ロンドンは、ロンドン大学を構成するカレッジのうちのひとつで、その中でも最大規模を誇ります。

ロンドン内に5つのキャンパスがあり、約3万人の学生が在籍しています。

特徴3.戦争学部が設置されている

キングス・カレッジ・ロンドンは、世界で唯一「戦争学部(Department of War Studies, DWS) 」を設置しています。

戦争学とは、紛争と安全保障の研究をする学問です。戦争を批判的に分析し、歴史的に研究することに重きを置いています。

ロンドンにある大学5.クイーン・メアリー

クイーン・メアリーは、ロンドンの東に位置する大学です。

特徴1.外国人留学生が多い

クイーン・メアリーの特徴のひとつは、外国人留学生が多いことです。年度にもよりますが、学生の約半数が、世界各国からの留学生であることもあります。

インターナショナルな環境の中で、グローバルな視点を養うのにうってつけの大学といえます。

特徴2.学生の満足度が高い

クイーン・メアリーは、学生の満足度が高い大学として有名です。過去には、イギリス国内において、ロンドン内の大学で、学生満足度第1位を獲得しています。

キャンパスがロンドンの中心部に位置しており、地下鉄の駅やヨーロッパ最大級のショッピングモールが近くにあります。非常に利便性の高い立地であるといえます。

特徴3.映画学に力を入れている

クイーン・メアリーでは、「映画学部(フィルム・スダディーズ)」が人気です。映画学とは、映画の政治的・文化的な意義を研究する学問です。

過去のランキングでも、クイーン・メアリー映画学部は第1位と高く評価されています。

キャンパスの近くには大きな映画館も多く存在し、演劇を専門に学ぶ学部もあります。

まとめ

今回はロンドンにある大学について、その特徴をご紹介しました。ロンドンには本当にさまざまな大学があり、それぞれ独自の特徴や長所があります。

注目すべきなのは、大学によって得意とする学問も多種多様だということです。希望の専攻に合った大学を選ぶことが、充実した留学につながります。

ロンドンに留学を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る