インドネシア語 検定試験


インドネシア語 検定試験のメリット・特長をご紹介します。

アカデミック場面での英語力

インドネシア語 検定
語学力測定

インドネシア語能力を明確に測ることができるため、受験レベルに合わせた測定方法で筆記、対面口述式、リスニングなどそ項目別の進歩状況や得意、不得意を把握できます。このため、苦手な項目を克服することにより上達が望めるため、効率よく学習できます。そのほか、A級、B級はあるトピックについて自分の意見が自由に述べることができる会話力、特A級は、プロの通訳・翻訳者として通用する能力が評価されるため、さらなるインドネシア語能力の向上を図ることができます。

大学受験のための試験

インドネシア語 検定
教育現場

大学の単位認定や合格者を顕彰。取得級によりインドネシア語科目の単位として認定したり、合格者を顕彰する大学もあります。また、数多くの大学で検定試験の過去問題を授業の教材として取り入れています。(例)神田外語大学,京都産業大学,九州国際大学,甲南女子大学,摂南大学,拓殖大学など

受験料&受験回数

インドネシア語 検定
ビジネス現場

就職試験で優遇。インドネシア関連団体や企業の中には、採用試験の際に上級取得者を考慮に入れるところもあります。また昇給,昇進制度なども企業が採用の際に考慮に入れたり、社員の語学力評価の基準として取得級別の昇給表を作るなど、上級取得者を優遇する企業も増えています。また通訳・翻訳者として独立などインドネシア語技能検定試験の最上級である特A級は通訳・翻訳のプロとして通用するレベルで、特A級取得者は、フリーの通訳・翻訳者、団体や企業のインドネシア語専門職として活躍されています。

バークレーでインドネシア語 検定試験対策を学ぶ 3つの特長!

講師の質×バークレーメソッド

インドネシア語検定試験対策
講師の質×バークレーメソッド

バークレーハウスは、講師採用を国内だけでなく世界中で募集し、世界中で面接とトレーニングをしてから採用をしています。
また40年以上の実績に基づく世界的に認められた教授法を継続しつつより日本人学習者に的確、効果的なSR(Situational Reinforcement)教授法をもちいてインドネシア語検定試験対策の授業を行っております。

学習目的×日本人に最適な教材

インドネシア語検定試験対策
日本人に最適な教材

インドネシア語検定試験対策を学ぶ上で大切なパートナーとなる教材。バークレーハウスでは40言語以上をプロの日本人、ネイテイブ講師の両方を用意し最適な人材をご提供。 また教材は日本人に最も合う教材を作成、必要により厳選するという受講生のために徹底的なカスタマイズすることで最適な授業をご提供しております。

40年以上の教育

40年以上の教育
語学カウンセラー

1973年から東京、市ヶ谷で語学教育をしてきたバークレーハウスは40言語以上を、お客様の目的とゴールの達成に向け様々なご提案とコースをご用意しております。
また語学カウンセラーがお客様、一人一人の進捗状況を把握し万全の体制でサポート致しますので確実に目標レベルに到達できるよう日々努力しています。

コース一覧

バークレーハウスでは、経験豊かなインドネシア語 検定試験対策講師の指導のもとで、S,W/L,R特化や各技能(LRSW)ごとの対策コースをご用意。基本的に授業形態はマンツーマンとなります。バークレーハウスのSRメソッドなどを体験できるよう、無料体験レッスンも随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。バークレーハウスの教室は、東京の市ヶ谷駅から徒歩2分圏内にあります。教室はきちっと天井まであるので、他の教室からの声が遮断され集中して教室で授業を行うことが出来ます。

インドネシア語検定 特A級

インドネシア語検定
特A級 対策

インドネシア語の通訳、翻訳者のプロとして通用するレベルで、職場や社会生活に必要な高度なインドネシア語を理解し使用できることを目標とする。【読む】新聞の社説、講演・会議資料などを読み、理解することができる。【書く】新聞の社説、講演・会議資料などの翻訳ができる。【聞く】講演、会議などの内容を正確に理解することができる。【話す】講演、会議などの話題について通訳をしたり、議論することができる。

インドネシア語検定 A級

インドネシア語検定
A級 対策

一般の新聞記事、文献を読んで翻訳でき、業務文書を書いたり、一応の会議通訳ができ、職場や社会生活に必要なやや高度なインドネシア語を理解し、使用できることを目標とする。【読む】一般の新聞、文献、業務文書を読み、理解することができる。【書く】一般の新聞、文献、業務文書の翻訳ができ、実用文書を書くことができる。【聞く】テレビニュースや一般的な会議の内容を正確に理解することができる。【話す】社会問題について通訳をしたり、論理的に意見を述べることができる。

インドネシア語検定 B級

インドネシア語検定
B級 対策

平易な新聞記事、文献を読んで翻訳でき、平易な業務文書を書いたり、簡単な通訳ができ、職場や社会生活に必要なインドネシア語を理解し使用できることを目標とする。【読む】平易な新聞記事、文献、業務文書を読み、理解することができる。【書く】平易な新聞記事、文献、業務文書の翻訳ができ、文書を書くことができる。【聞く】平易なテレビニュースや会議などの内容を正確に理解することができる。【話す】平易な社会問題について通訳したり、論理的に意見を述べることができる。

インドネシア語検定 C級

インドネシア語検定
C級 対策

商品の取扱説明書、広告などを読み、日常生活について手紙を書いたり、一般的な日常会話ができ、日常生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できることを目標とする。【読む】取扱説明書、広告などを読み、理解することができる。【書く】手紙、メール、日記など日常生活の話題について書くことができる。【聞く】日常会話の内容を理解することができる。【話す】日常会話を話すことができる。

インドネシア語検定 D級

インドネシア語 検定
D級 対策

案内板、チケットなどを読み、買い物、道案内、伝言などの簡単な日常会話ができ、日常の身近なインドネシア語を理解し、使用できることを目標とする。【読む】案内板、チケットなど簡単な文章を読み、理解することができる。【書く】簡単な手紙、メール、日記などを書くことができる。【聞く】簡単な質問、依頼、誘いの内容を理解することができる。【話す】簡単な買い物、道案内、伝言などができる。

インドネシア語検定 E級

インドネシア語 検定
E級 対策

看板や平易な手紙などを読み、挨拶、自己紹介、意思表示などの初歩的な日常会話ができ初歩的なインドネシア語を理解し使用できることを目標とする。【読む】辞書が使え、看板、手紙などの初歩的な文章を理解すること【書く】簡単で短い文を使った手紙、メール、日記などを書くこと。【聞く】簡単で短い質問、依頼、誘いの内容を理解すること。【話す】簡単な挨拶、自己紹介、意思表示ができること。

受講生の声

東京都 Aさん 40レッスン

インドネシア語へ留学にいくのにインドネシア語検定を取得したくバークレーハウスに通学することにしました。講師がインドネシア人でインドネシア語検定も知っていたので対策の勉強法を教えて頂くことができました。大変助かりました。ありがとうございます。

東京都 Bさん 40レッスン

仕事でインドネシアに1年赴任することになり、インドネシア語を学習することになりました。40時間も学習したので、何か資格として取得したくインドネシア語検定を受験することにしました。講師はネイティブにご担当頂き、ライティングやスピーキングなどを中心に学習することができました。ありがとうございます。

料金表

レベル レッスン時間 1回単価 受講費 有効期限
全レベル対応 50回(100時間以上) 16,060円 803,000円 2年
40回(80時間) 16,500円 660,000円
30回(60時間) 16,940円 508,200円
20回(40時間) 17,600円 352,000円 1年
10回(20時間) 18,700円 187,000円
5回(10時間) 19,800円 99,000円
4回(8時間以下) 22,000円 88,000円

※表を右にスクロールできます

バークレーハウス
スクール紹介

受付に座っている女性

受付

教室でインドネシア語 検定試験対策のレッスンを受講する前に語学カウンセラーと会話をしたり、講師と英語でウォーミングアップがおすすめ!

ラウンジの様子

ラウンジ

バークレーハウスのラウンジの秘密。UCバークレーがあるカリフォルニアのイメージと、家(ハウス)を表現するため、[西海岸×家]をコンセプトとしています。都会の中にあるオアシスとしてリラックスできる空間です。

教室の様子

教室

教室は全部で20教室以上あります。部屋の大きさも様々なので、グループレッスンやプライベートレッスンなどどのようなタイプの授業でも対応が可能です。

市ヶ谷校
開講時間
平日 9:00-22:00 / 土曜 9:00-18:00 / 日曜 10:00-17:00 ※祝日休講
アクセス
〒100-0076 東京都 千代田区 五番町5-1 第八田中ビル4F
開講時間
10:00-18:00
アクセス
〒310-0803 茨城県水戸市城南1丁目4−7