フランス語紹介

基礎知識

  • ベトナム語を話す国はどんな国?

    ベトナム語は、ベトナム社会主義共和国の公用語として採用されている言語です。東南アジアの言語の中では特に、中国語の影響を強く受けている言語であり、古くは漢字を用いて文章を表していました。現在は、フランス語系の24文字のアルファベットで表記されています。ベトナム語には6つの声調があり、この違いを耳で覚え、正しく発音するという点がベトナム語学習の要となります。

  • まとめ情報

    【正式国名】: ベトナム社会主義共和国 (英語名:Social Republic of Vietnam)
    【面積】: 32万9,241平方㎞
    【首都】: ハノイ
    【人口】: 約8,580万人
    【言語】: ベトナム語
    【通貨】: ベトナムドン(VND)
    【為替レート】 1ベトナムドン=約0.00499円(2016年9月現在)
    【宗教】: 国民の約7割が仏教徒。
    【時差】: 日本とベトナムの時差は、-2時間。日本で朝9時の時、ホーチミンは朝7時となります。サマータイムはありません。
    【気候】: ホーチミンの気候は1年中夏でモンスーン気候に属し雨季と乾季があります。沖縄と似ているかもしれません。平均気温は年間を通して24~31℃とあまり大きな変化はありませんが、季節の変わり目の時期は例外なので注意が必要です。例えば、雨季から乾季に変わる12月頃は、早朝の最低気温が20℃を下回る日もあるなど、とても涼しいです。また、乾季から雨季に替わる4月頃は、最高気温が40℃近くになる日もあります。
    【チップマナー】: 基本的に不要です。ただし、高級ホテルやレストランで、とても良いサービスを受けた際などに払うと、喜ばれます。ただし、サービス料として付加されている場合は、不要となります。
    【交通事情】: ホーチミンからハノイまで、ベトナムを行き来するには、南北統一鉄道が有名です。車窓からの景色も、現地特有の景色となっているため、長時間でも楽しめるかもしれません。 他にも市内には、バス、タクシー、バイクタクシーなど様々な交通手段があるため、旅行者にもとっても便利と言えるでしょう。 そして、何といってもすごいのが「バイク」!道幅を埋め尽くすようにバイクが走っている光景は、圧巻とも言えますが、特に通勤時などは、大変なことになっています。信号が青でも、次から次へとバイクが途絶えないため、道を渡るのは至難のワザです。それでも地元の人たちは、一瞬のタイミングを見て、渡ってしまうのですが。
    【食事】: エスニックのイメージから、辛い料理を想像される方も多いかもしれませんが、ベトナム料理に辛い料理はほとんどありません。中国、カンボジア、そして日本の影響も受けていることがあるようです。また、北部と南部でも味付けや使う食材が異なります。北部では、稲作が特に盛んなため、米を使った料理が多くあります。また、 北部の料理は塩辛いのが特徴で、塩や醤油が味のベースになっています。また、中国に隣接しているため、中国の影響を受け、味噌や豆腐、麺を使った料理が多いのが特徴です。 一方、南部では非常に蒸し暑い気候なので、砂糖を使用した甘辛い味が特徴です。ライスペーパーを使った料理が多いのも特徴で、たっぷりの香草類と魚や肉をライスペーパーで巻いて食べるのが人気の食べ方です。生春巻きや揚げ春巻きが一般的ですが、米粉を使った生地に好みの具を入れて焼くバインセオも人気があります。

  • 基礎会話とフレーズ

    【あいさつ】
    ・おはよう/こんにちは/こんばんは Xin chào.(シンチャオ)
    ありがとう Cảm ơn.(カムオン)
    はじめまして Rất vui được gặp anh.(ザッヴーイドーガッアイン)
    大丈夫だよ Không sao. (コンサオ)
    どういたしまして Không có chi(ホンコーチー)
    さようなら Xin tạm biệt.(シン タン ビエッ)
    【基本会話】
    私の名前は、●●です。 Tôi tên là ~. (トイ テン ラー ~)
    私は日本人です。 Tôi là người Nhật Bản.(トイ ラー グイ ニャッバン) 
    私はベトナム語が話せます。Tôi nói tiếng Việt được.(トイ ノイ ティン ビエッ ドゥーク)
    私はベトナムが好きです。 Tôi thích Việt Nam.(トイ ティッ ベトナム)
    これは何ですか? Cái này là cái gì?(これは何ですか?)
    どこへ行くの? Đi đâu?(ディー ダウ?)
    今日は晴れていますね。Hom nay troi dep (ホムナイ チョイデップ)
    今日は雨です。 Hom nay troi mua(ホムナイ チョイムーア)
    これはいくらですか?Cai nay bao nhieu?(カイナイ バオニュー?)
    安くしてくれませんか?Giam gia duoc khong?(ヤム ヤー ドゥッ ホン?)
    買います Mua duoc(ムア ドゥーク)
    私はベトナム料理が食べたい。Toi muon an mon an Vietnam(トイ ムオン アン モン ベトナム)
    お会計をお願いします。 Tinh tien(ティンティエン)
    美しい! Dep qua!(デップ ワー!)
    やさしい Hien qua!(ヒエン ワー!)

  • ベトナム語の文法 基礎知識

    【文法】
    ベトナム語の文法は、英語と似ているため、英語学習経験者にとって勉強しやすい言語と言えます。 また、場合によっては、主語を省略できる点、文末に「ね」、「よ」のような語をつける点など、日本語と似ている部分もあります。さらに、語形変化(過去、現在進行形)などがないので、 語順に沿って単語を並べるだけで文を作ることができます。 ベトナム語の基本的な語順は英語と同じく、「主語 + 動詞 + 目的語」となりますので、発音や語彙が分かることで、ベトナム語で会話ができるはずです。ベトナム語には時制変化、複雑な助詞や有性名詞などのような難しい規則がありません。話の流れと一般的な状況から時制がはっきりする場合は、単語を並べて正しい発音すれば、それでも全く問題なく通じるのです。 正しい時制が必要な場合には動詞の直前に、過去や未来、 現在進行を表す言葉を付け加えるだけで済みます。ベトナム語には時制変化、複雑な助詞や有性名詞などのような難しい規則がないので、話の流れと一般的な状況から時制がはっきりする場合は、単語を並べて正しい発音すればそれでも全く問題なく通じるのです。 正しい時制が必要な場合には動詞の直前に、過去や未来、現在進行を表す言葉を付け加えるだけ大丈夫です。
    【発音】
    文字を見ると、色々な記号がたくさんついていますが、実は、日本人もよく知っているアルファベットを使います。このことは、言語を習得するうえで非常に大きな利点となりますが、日本語にはない声調という特徴があり、正確に発音しないと全く話が通じなくなってしまうので、しっかりと学習する必要があります。発音記号には、日本語を学ぶ時には使われない声調記号や、見慣れない記号があります。日本語と異なり、外国語は舌の使い方や息を吐き方で言葉を発します。それが声調です。

ベトナム語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み