フランス語紹介

基礎知識

  • タガログ語を話す国はどんな国?

    タガログ語は、フィリピン共和国の首都マニラを含むルソン島南部を中心に用いられる言語で、英語と共にフィリピンの公用語として採用されています。タガログ語は、アバカダ(Abakada)と呼ばれる20文字のアルファベットから成り立っています。一見英語と似ていますが、発音や並び順が異なる部分があります。日本人にとって難しい発音がいくつかありますが、綴りに従ってローマ字読みをすることで、比較的簡単に読むことが出来る言語です。

  • まとめ情報

    正式国名: フィリピン共和国/(英語名: Republic of the Philippines)
    面積: 29.9万k㎡
    首都: マニラ
    人口: 約1億98万人
    言語: タガログ語、英語
    通貨: フィリピンペソ
    【為替レート】
    1フィリピンペソ=約2.2222円(2017年現在)
    宗教: キリスト教(カトリック85%、プロテスタントと新興宗教5%)、ミンダナオ スル地方にイスラム教
    時差: -1時間 (サマータイムはなし。)
    気候: 雨期が6~10月、乾期が11~5月。雨期でも日本の梅雨のように降り続くことはなく、午前が曇りで午後に2時間ほど降雨のパターンが多いようです。また、この時期は台風が頻繁に発生するため、注意が必要です。3~5月が最も暑く、12~2月は一番過ごしやすい時期とされています。
    チップマナー: 空港やホテルのポーターには、荷物1個につき10~20フィリピンペソ、レストランで伝票にサービス料が含まれていない場合は、請求額の10%程度が基本とされています。
    交通事情: 人口1,000万人を超えるフィリピンの首都マニラでは、電車、バス、タクシー、ジプニー(フィリピンのシンボルといっても過言ではない、米国占領時代に使い古されたジープを改良し、今も公共交通機関として利用されています)など、多くの交通機関があります。ただし、マニラの特に朝と夕方の通勤時間は、大変渋滞するため、時間に注意を払わなければなりません。
    食事: フィリピンは、北は台湾、西はマレーシアやインドネシア、東はパラオ、グアム、北マリアナという南国のロケーションにあるため、料理の基本は、気候の似たそれらの国々と共通点が多くあります。例えば、南国の料理、東南アジア各国に共通する醤油、そして、古来より続く稲作による米食です。甘いもの、しょっぱいもの、すっぱいもの、また、味付けにはココナツ、パティス(魚醤)を利用したものが多く、これが独特の甘みや香りを出しています。日本でフィリピン料理を出すレストランはあまり見かけませんので、訪れた際には、是非ローカルフードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • 基礎会話とフレーズ

    【あいさつ】 はじめまして Ikinagagalak kong makilala ka. (イキナガーガラック コング マキララ カ)
    おはようございます Magandang umaga  (マガンダン ウマーガ)
    こんにちは Magandang araw  (マガンダン アラウ)
    こんばんは Magandang gabi  (マガンダン ガビ)
    おやすみなさい Good night (グッナイ)
    はい Opo.  (オーポ)
    いいえ Hindi. (ヒンディ)
    ありがとう Salamat Po.(サラマッポ)
    もちろん Syempre.(シェンプレ)
    さようなら Paalam.(パアラム)
    またね Sige ha.(シーゲ ハッ)
    【基本会話】
    あなたのお名前は? Anong pangalan niyo? (アノン パガラン ニョ?)
    私はイチローです。 Ichiro ang pangalan ko. (イチロー アン パガラン コ) 
    元気ですか? Kumusta ka ? (クムスタカ)
    元気です。 Mabuti naman. (マブーティナマン)
    マカティはどこに住んでいますか? Saan kayo nakatira sa Makati?  (サアン カヨ ナカティラ サ マカティ?)
    合計でいくらですか? Magkano po lahat? (マッカーノ ポ ラハッー)
    メニューを見せてください。 Pwedeng makita po ang Menyu? (プウェデン マキタ ポ アン メニュ?)
    チケットはどこで買えますか? Saan po ako makakabili ng ticket? 
    (サアン ポ アコ マカカビリ ナン ティケッー?)
    タクシー乗り場はどこですか? Saan po ako makakasakay ng taxi? 
    (サアン ポ アコ マカカサカイ ナン タクシー?)
    英語のメニューはありますか? Avete il menu in inglese? (アヴェーテ イル メヌゥ イン イングレーゼ?)
    少し待ってください。 Sandali lang po. (サンダリー ラン ポ)
    少し聞いてもいいですか? Puwede bang magtanong? (プウェーデ バン マグタノン?)
    あなたは日本語を知っていますか? Marunong ka bang mag salita ng hapon? (マルノン カ バン マグ サリタ ナン ハポン?)

  • タガログ語の文法の10の基礎知識

    発音
    基本的には、「ローマ字」読みで通じるため、日本人にとっては、それほど難しくはないでしょう。日本語との違いは、英語と同様に「R」と「L」の区別をすること、また、「mga(マガ)」や「nyo(ニニョ)」・「ng(ング)」など、日本人になじみのない音もあるため、気をつける必要はあります。
    文字
    かつてはインド起源の音節文字(アリバタ)やアラビア文字を用いていましたが、現在は、ラテン文字(ローマ字)を使用します。母音はa, e, i, o, uの5個。子音はp, t, k, ‘ (声門閉鎖音), b, d, g, m, n, ng, s, h, l, r, w, yの16個がありますが、スペイン語、英語由来の固有名詞には、c, f, j, q, v, x, zも用いられます。タガログ語のローマ字は、『ABAKADA(アバカダ)』と呼ばれており、1987年に制定されました。
    文法
     日本語や英語では基本的な文は主語と述語で構成されますが、タガログ語は、主題と叙述から成り立ちます。主題は話し手、聞き手にとって話題となっているもので、名詞か名詞句、または形容詞があります。目的語が入るか入らないで、語順が変わるため、少し複雑と言えるでしょう。また、動詞の活用においても、過去・現在・未来の変化以外も存在するため、慣れるのに時間がかかると言われています。

タガログ語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み