基礎知識

  • スペイン語を話す国はどんな国?

    スペイン語とは世界三大言語のひとつです。しかし実際に、世界のどれくらいの国々で話されているか、ご存知でしょうか? スペインは日本から遠く、ヨーロッパで最も西位置してます。ここ数年間はサッカーや芸術などで観光客も増加してます。 また、中南米でもスペイン語は話されます。「日本人が最も訪れてみたい世界遺産」では南米のペルーにあるマチュピチュやナスカの地上絵がありますが、現地ではスペイン語を話します。現在、スペイン語は20以上の国や地域で公用語として話されています。また母国語として話す人の数は、中国語に次いで、世界で2番目に多いとされています。 それでは、スペイン語を話す国々を紹介しますね。スペイン 、アルゼンチン、ボリビア、コロンビア、コスタリカ、キューバ、チリ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、赤道ギニア共和国、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラ などなど・・・他には、プエルトリコなどでも話されています。

  • まとめ情報

    正式国名:エスパーニャ王国 Reino de España
    面積:約50.6万k㎡
    首都:マドリッド Madrid
    人口: 6,450万人
    言語: 公用語はスペイン語(カステリャーノ語 Castellano) カタルーニャ地方ではカタルーニャ語(Catala) ガリシア地方ではガリシア語(Galego) バスク地方ではバスク語(Euskera) が公用語として併用されている。
    通貨: €/ユーロ
    【為替レートと物価】1ユーロ=約115円(2016年9月現在)スペインではほとんどの商品にIVAと呼ばれる付加価値税がかかっている。
    宗教: ほとんどがカトリック教徒である。以前はカトリックを国教としていたが、1987年憲法により、国境を持たないことを定め、少数だが、プロテスタント、ユダヤ教徒、イスラム教の人がいる。
    時差: マイナス8時間 【サマータイム(3月最終日曜日~10月最終土曜日まで)中はマイナス7時間】
    安全情報: 特に金・土・日曜日及び祝日の主にマドリッドやバルセロナの14時~16時の時間帯(昼食時)に空港、駅、バスターミナル、地下鉄、ホテル(ロビー、レストラン)等観光客の多く集まる場所において、スリや置き引きが多発しています。また、大通りから一本外れた人通りの少ない道や公園において、首絞め強盗やひったくりが発生しています。
    チップマナー: スペインにもチップ(プロピーナPropina)の習慣はあるが、義務というわけではない。サービスに満足したときなどに心付けとして渡す程度で充分です。
    タクシー : おつりの小銭を渡すか、キリのいい金額に切り上げて支払う。
    レストラン : 店の格にもよって、一般には料金の5~10%くらい。庶民的な店ではおつりの小銭か€1程度。バルで飲み物だけなら不要。
    ホテル : ベルボーイやルームサービスに対し、1回につき1ユーロ程度。
    シエスタ : 14:00~16:00ごろお休みをとる習慣。日差しが強く暑いスペインでは、一番陽が高くなるこの時間を避けて仕事をする習慣です。マドリッドやバルセロナなどの大都市ではなくなりつつありますが、個人商店や小さな町の美術館やお店はクローズしてしまうことがあるので注意が必要です。観光客向けのお土産屋さんなどは開いています。
    食事の時間 : ランチの時間はシエスタに合わせて14:00~16:00。学生、社会人に限らず、一度自宅に帰って食事をする。大都市ではシエスタがなくなりつつあるにつれて、自宅に帰らず軽く済ませる人も増えてきている。レストランは14:00ごろからオープンしだすので注意が必要です。ディナーは20:00ごろから。スペイン人はランチをメインに食べて、ディナーは22:00ごろ簡単に済ませる人が多い。

  • 基礎会話とフレーズ

    【あいさつ】
    こんにちは Buenos dias(ブエノス ディアス) 主に午前中使います。
    こんにちは Hola(オラ) 親しい間がらどうし1日中使えます。
    こんにちは、又はこんばんは。 Buenas tardes(ブエナス タルデス) (主に午後~夕方。)
    こんばんは Buenas noches(ブエナス ノーチェス)
    お願いします Por Favor(ポル ファボール)
    さようなら Adios(アディオス)
    ありがとう Gracias(グラシアス)
    はい SI(シ)
    【基本会話】
    いくらですか? ¿Cuanto Cuesta?(クアント クエスタ?)
    何時ですか? ¿A que hora?(ア ケ オラ?)
    観光案内所はどこですか? ¿Donde esta la oficina de turismo? (ドンデ エスタ ラ オフィシーナ デ トゥリズモ?)
    ここはどこですか? ¿Donde estamos ahora? (ドンデ エスタモス アオラ?)
    タクシーを呼んでください。 ¿Podria pedirme un taxi, por favor? (ポドリア ペディールメ ウン タクシ ポル ファボール?)
    今晩泊まれますか? ¿Tiene una habitacion para esta noche? (ティエネ ウナ アビタシオン パラ エスタ ノーチェ?)
    英語のメニューはありますか? ¿Tiene cartas en ingles? (ティエネ カルタス エン イングレス?)
    これにします。 Me quedo con este. (メ ケド コン エステ)
    お水を1杯ください Una agua,por favor.(ウナ アグア ポル ファボール)
    「ゆっくり休んでね」 Que descanses.(ケ デスカンセス)
    「いい夢をみてね」 Dulces sueños.(ドゥルセス スェーニョ)
    「はじめまして」 ¡Mucho gusto!(ムーチョ グスト)
    「私の名前は○○です」 Soy Hanako.(ソイ ハナコ) Me llamo Hanako.(メ ジャモ ハナコ)
    「お会いできてうれしいです」 Encantado.(エンカンド)~あなたが男性の場合 Encantada.(エンカンダ)~あなたが女性の場合
    「私はスペイン語を勉強中です」Estudio español.(エストゥディオ エスパニョール)
    「本当にありがとう」Muchas gracias.(ムーチャス グラシアス)
    「どういたしまして」De nada.(デ ナーダ)
    「ごめんなさい」Lo siento.(ロ シエント)
    「ご機嫌いかがですか?」¿Que tal?(ケ タール)¿Como estas?(コモ エスタス)
    「とても調子がいいです」Muy bien.(ムイ ビエーン)
    「まぁまぁです」Mas o menos.(マッソ メノス)
    「調子が悪いです」Malo.(マーロ)
    「日本語を話せますか?」¿Habla japonés?(アブラ ハポネス)
    「少しだけ(話せます)」Un Poco.(ウン ポコ)
    「スペイン語をうまく話せません」No hablo español bien.(ノ アブロ エスパニュール ビエン)
    「分かりません」No entiendo.(ノ エンティエンド)
    「もう一度言ってください」Otra vez,por favor.(オートラ ベス パルファ ボール)
    「私は○○が好きです」Me gusta el flamenco.(メ グスタ エル フラメンコ)
    「○○は好きですか?」¿Te gusta el flamenco?(テ グスタ エル フラメンコ)
    「私も好きです」A mí también.(ア ミ タンビエン)
    「はい、好きです/いいえ、好きではありません」Si,me gusuta.(スィ メ グスタ)/No me gusuta.(ノ メ グスタ)

  • スペイン語の文法の10の基礎知識

    1.逆さまの疑問符や感嘆符を文頭に付ける
    英語では疑問文と感嘆文に、それぞれクエスチョンマーク“?”とエクスクラメーションマーク“!”を文末に付けますが、スペイン語では文頭と文末の2か所にマークをつけます。さらに、文頭に付けるマークは、以下の文章のように逆さまにして付けることになっています。 「いくらですか?」¿Cuanto es?(クアント エス)

    2.シングルクォーテーションやチルダなどのアクセント記号が付く
    スペイン語では、Adiós(アディオス)やtelevisión(テレビシオン)のように、アクセント記号がついた母音の部分にアクセントを置いて発音します。ただし、アクセント記号のない単語を見つけた場合は、次のようなルールのもとにアクセントの位置を判断しましょう。

    3.名詞に性別がある
    日本語や英語にはないルールの一つに、「男性名詞」「女性名詞」のような名詞の性別があります。男性名詞はpadre(お父さん)などの男性に関連する名詞や-oで終わる単語、女性名詞はmadre(お母さん)などの女性に関連する名詞や-aで終わる単語というように、主に名詞の意味や語尾によって名詞の性別を区別します。

    4.主語によって動詞が変化する
    基本的にスペイン語の動詞には、-ar/-er/-irの3種類の語尾に分かれます。さらに、それらはyo(一人称「私」)、tú(二人称「君」)、el(三人称「彼」)のような主語の変化によって活用します。例えば、規則的に活用する「規則動詞」の場合は、以下のように語尾が変わります。

    5.形容詞は性数一致が基本
    スペイン語では、「性数一致」というルールのもとに形容詞が変化します。「性」は性別を意味し、修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かによって、語尾の変化が異なります。また、「数」とは名詞の数を表すもので、修飾する名詞が単数または複数かで、さらに異なる形に変化します。

    6.語順の自由度が高い
    スペイン語の語順は、基本的には「主語」+「動詞」+「目的語や補語」となっています。ところが、SVOやSVCのように順番が固定されている英語に比べて、スペイン語には語順を並び変えても意味が通じやすいという特徴があります。 例えば、Yo quiero esto.(yo:私/quiero:欲しい/esto:これ)という文章を、“Qquiero yo esto.“と動詞と主語を入れ替えても、特に違和感なく使うことができるほか、“Esto yo quiero.“とすることも可能です。

    7.主語を省略しても通じる
    例えば、日本語で単に「話します」と言っても、主語がないので一体誰が「話す」のか相手に伝わりません。ところが、スペイン語では主語によって動詞が活用します。そのため、例えばhablar(話す)という動詞は、私が話す場合は「hablo」、彼が話す場合は「habla」」と活用することから、主語がなくても動詞だけ見れば誰の行動なのかを判断することができるのです。

    8.状態や存在の「~である」を意味する動詞が2種類ある
    英語ではbe動詞(am、are、is)が人や物など、さまざまな対象に使われるのに対して、スペイン語では「ser(セール)」と「estar(エスタール)」の2つを使い分ける必要があります。主にserは、性質・材質・時間・出身地などの「すぐに変化しないもの」、反対にestarは、体調や天気のような「時間の経過によって変化しそうなもの」を表します。

    9.名詞によって冠詞が変化する
    どんな名詞なのかを説明するために名詞の前につける冠詞は、日本人にとって分かりにくい存在だといえます。英語には定冠詞(the)や不定冠詞(a、an)がありますが、スペイン語では形容詞と同様に、名詞の性別や数によって冠詞の形が異なります。 また、付加する名詞が男性名詞か女性名詞かが分からない場合、性別があいまいな名詞に付加する「中性」の形態も存在します。

    10.過去・現在・未来などの時制の表現が複雑
    時制とは、動詞によって時間の概念を表す方法で、日本語では「行く」「行った」のように表現されます。一方、英語には「過去」「現在」「未来」の基本時制と、それぞれに対して進行形・完了形・完了進行形があることから、合計12種類の時制が存在することになります。 そして英語と同様に、スペイン語にも複雑な時制の表現があります。ここでは直接法と接続法という、2つの表現方法についてご紹介します。

スペイン語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
お問い合わせ