フランス語紹介

基礎知識

  • ドイツ語を話す国はどんな国?

    ドイツ語は、英語やオランダ語同様、ヨーロッパ系の言語の1つであるゲルマン語派に属し、ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ベルギー、ルクセンブルクの公用語になっています。ドイツ語は、長年ドイツが領邦国家に分裂していたことから、方言が非常に多い事が特徴です。話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人がドイツ語を第一言語としています。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多いのをご存知でしょうか?歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めています。また、最近では、音楽、文学、スポーツや自動車など趣味からドイツ語を学ばれる方も増えています。ドイツ語を学んで、ドイツの魅力を一緒に発見しませんか?

  • まとめ情報

    面積: 35.7万k㎡
    首都: ベルリン
    人口: 8,108万人
    言語: ドイツ語。
    通貨: ユーロ
    【為替レート】1ユーロ=約115円(2016年9月現在)
    宗教: カトリック(29.9%),プロテスタント(28.9%),イスラム教(2.6%),ユダヤ教(0.1%)
    時差: 日本とドイツとの時差は、8時間。日本の方が、8時間進んでいます。サマータイム中は、7時間
    気候: 西岸海洋性気候に属し、冷涼、曇りがち、湿潤な冬と夏が特徴。首都ベルリンの平均気温は約9.6℃ 、年間平均最高気温は13.4℃、年間平均最低気温は5.9℃ 。
    チップマナー: レストラン・タクシー・美容院などの「サービスをする仕事」に対してチップを払う文化があります。一般的には値段の10%をチップとすれば良いですが、少なくする、または、渡さなくても大丈夫です。もし、10%以上のチップを渡すと、「サービスが良かった」と表現することができます。
    交通事情: ベルリン市内では、鉄道、バス、タクシー、路面電車など交通機関は非常に良く整っており、特にドイツ鉄道は、ドイツ全土を網羅し、ドイツでは最も重要な交通手段とされています。また、ドイツは環境推進国としても有名です。そのため、踏み切り待ちの時はエンジンを切って待つ、暖気運転は嫌われるなど、日本と違うルールがあります。
    食事: ドイツの食文化を語る上で欠かせないもの、どんなものか想像がつきますか?答えは、『die Kartoffel』(ジャガイモ)です。これには理由があって、近代化する前のドイツはあまり土地が肥沃でなく、取れるものと言ったらジャガイモくらいしかなかったから、と考えられています。その他に、ソーセージやビールも有名ですが、基本的にはジャガイモ+何か、が基本です。また、ドイツ人にとって、一日の食事で一番ウェイトが高いのが、昼食になります。レストランなどに行くと、ランチメニューが豊富で、日本人がびっくりするほど多い量のランチが出てきます。

  • 基礎会話とフレーズ

    【あいさつ】
    おはようございます Guten Morgen (グーテン・モルゲン)
    こんにちちは Guten Tag (グーテン・ターク)
    こんばんは Guten Abend(グーテン・アーベント)
    おやすみなさい Gute Nacht (グーテ・ナハト)
    ありがとう Danke (ダンケ)
    どういたしまして Bitte schön(ビッテ・シェーン)
    さようなら Auf Wiedersehen(アウフ・ヴィーダーセーエン)
    【基本会話】
    はじめまして Ich freue mich, Sie kennenzulernen(イッヒ フロイエ ミッヒ ジー ケネンツーレルネン)
    こちらこそ Sehr erfreut(ゼア エアフロイト)  
    私の名前は~です。Mein Name ist ~(マイン ナーメ イスト ~)
    お名前は? Wie heißen Sie? (ヴィー ハイセン ジー?)
    私は~という名前です wIch heiße ~ (イッヒ ハイセ ~ )
    私は~です。 Ich bin ~(イッヒ ビン ~ ) 
    お会いできてうれしいです。Ich freue mich, Sie zu sehen.  (イッヒ フロイエ ミッヒ ズィー ツー ゼーエン)
    私は日本から来ました。Ich komme aus Japan.  (イッヒ コメ アウス ヤーパン)
    もう一度言ってください。Können Sie das wiederholen?  (ケネン ズィー ダス ヴィーダーホーレン?)
    分かりません。 Ich verstehe nicht.  (イッヒ フェアシュテーエ ニヒト)
    これは何ですか? Was ist das?   (バス イスト ダス?)
    え、本当ですか? Tatsächlich?  (タートゼッヒリヒ?)
    あなたはどこから来ましたか? Woher kommen Sie?  (ヴォーヘア コメン ズィー?)
    少しお聞きしたいのですが。 Darf ich Sie etwas fragen?  (ダルフ イッヒ ズィー エトヴァス フラーゲン?)
    窓を開けてもいいですか? Darf ich das Fenster öffnen?  (ダルフ イッヒ ダス フェンスター エフネン?)
    日本語の新聞はありますか? Haben Sie japanische Zeitungen?  (ハーベン ズィー ヤパーニッシュ ツァイトゥンゲン?)

  • ドイツ語の文法基礎知識

    【文字】
    ドイツ語の文字は、基本的に英語と同じですが,英語にない文字が4つあります。それは、a,o,uの上にテンテンのついたアーウムラオト(ä)・オーウムラオト(ö)・ウーウムラオト(ü)(それぞれ大文字もあります)と、ssと同じ音のエスツェット(ß)(ギリシャ語のβとは違います)です。ウムラオトは、日本語の「エ」に近い音が混ざると考えるとよいです。äは日本語の「エ」にほぼ近い音,öはアとオの中間の音,üはイとエの中間の音です。なおßはシャーフ・エス(scharfes s)と呼ばれることもあります。
    【発音】
    ドイツ語は、日本人には発音しやすい言葉だと言われていますが、理由があるのをご存知でしょうか? まず、発音はローマ字読みがほとんどで、綴り字と発音が対応関係にあることが言えます。英語との大きな違いがここにあります。ドイツ語ではローマ字読みすれば正しい発音になることが多いです。たとえばHaus(英語ではhouse)は「ハウス」と読み、家という意味になります。全てがローマ字読みではないですが、綴り字と発音の対応関係が明確なため、次で説明する発音の規則を覚えれば、初めて見る単語でも(辞書で発音記号を調べなくても)ある程度発音できます。 そして、ドイツ語の発音そのものが(英語やフランス語よりは)簡単であると言えます。それは、鼻濁音のあるフランス語,舌を出すthで有名な英語,有気音と無気音を区別する中国語など、日本語を話す人間にとって難しい発音が外国語には多いですが、ドイツ語にはそのような音があまりありません。また、英語・フランス語と比べてドイツ語は音を比較的省略しない(どんなに早く発音しても音と音をつないで別の音にはしない)傾向にあるので、これも日本人にとっては発音しやすい理由と言えるでしょう。
    【日本語の中のドイツ語】
    「アルバイト」(arbeiten)、政治用語の「イデオロギー」(Ideologie)、経済用語の「カルテル」(Kartell)、大学の演習・研究室という意味の「ゼミ」(Seminar)、病院の「カルテ」(Karte),「レントゲン」(röntgen),食べ物の「ヨーグルト」(Joghurt),「グミ」(Gummibärchen)など。

ドイツ語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み