フランス語紹介

基礎知識

  • 中国語を話す国はどんな国?

    多民族国家の中国では、国内だけで約90種類の言語が使われています。その中の北京で話されている言語が「普通話」と呼ばれ、「標準的中国語」として認識されています。中国語の基本的な文法構造は難解ではなく、表記法も簡略化した漢字を用いることから、日本人にとっては比較的学習しやすい言語です。

  • まとめ情報

    正式国名: 中華人民共和国 (中国語名:中華人民共和國)
    面積: 963.4万k㎡
    首都: 北京
    人口: 13億8,392万人
    言語: 漢語(北京語)、共通語は漢語標準語
    通貨: 元(ユェン)
    【為替レート】
    1元=約16.1円(2017年8月現在)
    宗教: 仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ラマ教など。
    時差: 日本との時差は-1時間。中国の方が遅れています。サマータイムはありません。
    気候: 中国は南から北へと赤道地帯、熱帯、亜熱帯、暖温帯、温帯、寒温帯という六つの温度帯に分かれています。華北、華中、シルクロードは、夏は暑く、冬は寒いのが特徴です。内モンゴルと東北地方の夏は、比較的さわやかと言われています。
    チップマナー: ホテル、レストラン、タクシーなど、いずれも不要です。
    交通事情: 広大な中国の移動手段は飛行機が中心となりますが、鉄道、長距離バス、フェリーなどの交通網が整備されているため、目的に合わせて移動手段が選べます。また、北京、上海市内は特に、地下鉄やバスが整っており、主な観光スポットなど、どこへ行くにも大変便利となっています。
    食事: 多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の一つに挙げられています。地理的、気候的条件等、各地でそれぞれ特色が異なる中国では、地方ごとに食材、調理法や味付けも大きく異なります。このため、一言で「中華料理」を語ることは難しいですが、元代以降の中国では火を通した温かい食事をとることが重視されてきたため、中華鍋を使い、日本料理や西洋料理に比べて強い火力を用いる炒め物が目立ち、油(ラード、ごま油など)を多用する料理が多いという傾向があると言って良いでしょう。

  • 基礎会話とフレーズ

    【あいさつ】
    こんにちは 你好。(Nǐ hǎo)
    おはようございます  早上好。(Zǎoshang hǎo)
    こんばんは  晚上好。(Wǎnshang hǎo)
    ありがとう  谢谢。(Xièxie)
    どういたしまして 不客气。(Búkèqi)
    お久しぶりです 好久不见。(Hǎojiǔ bú jiàn)
    さようなら  再见。(Zàijiàn)
    【基本会話】
     わたしはマリーです。   我叫玛丽 (wǒ jiào mǎ lì)
    お名前は何といいますか? 你叫什么名字?(nǐ jiào shénme míngzi)
    わたしは日本人です。  我是日本人。 (wǒ shì rìběnrén)
    仕事は忙しいですか? 你工作忙吗?(nǐ gōngzuò máng ma)
    忙しいです。あなたは? 很忙。你呢?(hěn máng nǐ ne)
    あまり忙しくありません。 我不太忙。 (wǒ bù tài máng)
    あなたは今どこに住んでいますか? 你现在住在哪里 ? (nǐ xiàn zài zhù zài nǎli )
    彼は東京にいます。 他在东京 (tā zài dōng jīng)
    あなたはなぜ中国に行くのですか? 你为什么去中国? (nǐ wèi shén me qù zhōng guó)
    あなたの家族は何人家族ですか? 你家有几口人?  (nǐ jiā yǒu jǐ kǒu rén)
    今日は暑いです。  今天很热。 (jīntiān hěn rè)
    この本はそれほど良くないです。 这本书不很好 (zhè běn shū bù hěn hǎo)
    私はあなたに中国語を教える 我教你汉语 (wǒ jiào nǐ hànyǔ)

  • 中国語 基礎知識

    【文字・文法】
    中国語の漢字には大きく2種類の漢字があります。ひとつは簡体字(simplified)といい、北京を始め中国全土でもっとも使用されているスタンダードな漢字です。学校で勉強するのも基本的にはこの簡体字になります。これに対し、台湾や香港など一部の地域で使用されている伝統的なタイプの漢字が繁体字(traditional)です。これら2つの漢字の北京語としての読み方は、基本的に同じとされているため、中国のテレビの字幕などに、繁体字が使われること多いのが事実です。
    中国語の基本文型は、英語と同じ「主語+述語」です。述語の部分に動詞をおくので「主語(S)+動詞(V)」となります。動詞が目的語を伴う場合も英語と同じで、「動詞(V)+目的語(O)」のフレーズ全体を述語とします。このため、語順は「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」となります。また、疑問文にする場合は、2つ方法がありますが、1つは、語気助詞「吗」を使うことが特徴です。平叙文の文末に、疑問を表す語気助詞の「吗(ma)」をつけて、語尾を上げて話すと疑問文に変わるので、とても簡単です。もう1つの方法は、疑問代名詞「谁(shuí)、什么(shénme)、哪儿(nǎr)等」を用いて作るやり方で、疑問文の語順は平叙文と同じです。平叙文の中の質問にあたる部分を、疑問代名詞に変えると疑問文になるため、こちらも簡単で、中国語入門者でも、すぐに身に着けることができるでしょう。

    【発音】
     中国語の発音には36の母音(単母音7種類)(複合母音13種類)(鼻母音16種類)、子音(21種類) があります。それに、四声を付けて発音します
    <四声>
    第一声:高く平らに。
    第二声:一気に上げる。
    第三声:低く抑えてから上げる。
    第四声:一気に下げる。
    <無気音(むきおん)と有気音(ゆうきおん)> 中国語の子音には濁音がありません。清音(清音)は無気音と有気音に分かれます。 発音の仕方によって、意味の区別にもかかわってくるので、きっちりと発音する必要があります。

中国語 メニュー
                     東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み