IELTS とは?

IELTS (International English Language Testing System) は英語を母国語としない人たちの英語能力判定テストで、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学ESOLが共同運営しています。日本では、公益財団法人日本英語検定協会が実施運営の手助けをしています。全世界で年間250万人が受験する、世界最大の英語能力判定テストです。 IELTSは、移住申請などに必要な General Training Module と、大学や大学院入学に必要な Academic Module の2種類のテストがあります。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての大学、大学院入学申請時に、Academic Module のスコアが必要となります。
スコアは1.0-9.0のバンドで評価され、0.5ごとに表示されます。一般的な4年制大学で5.5-6.5、大学院で6.5-8.0のスコアが入学資格として要求されます。TOEFL®TESTと異なりコンピューターを使用しない記述式テストで、スピーキングセクションでは試験官と一対一で面接を行います。

IELTS テスト概要


IELTS テスト構成
セクション 問題数 バンド 制限時間
IELTS
Listening
IELTS
4 Sections
IELTS
1.0-9.0
IELTS
40分
IELTS
Reading
IELTS
3 Passages
IELTS
1.0-9.0
IELTS
60分
IELTS
Writing
IELTS
2 Tasks
IELTS
1.0-9.0
IELTS
60分
IELTS
Speaking
IELTS
3 Parts
IELTS
1.0-9.0
IELTS
11分〜14分
IELTS
合計
  IELTS
1.0-9.0
IELTS
2時間

※スピーキングは筆記試験と同日、または前後1週間以内に実施

IELTS 問題 試される能力とは?

IELTS 難易度 と測定しようとしている能力は、題材が扱っている専門知識ではなく、根本的な英語力です。 よって、基本的には、暗記やテクニックだけで攻略できるテストではありません。 IELTS 問題 を見てみると、専門用語を知らなくても、前後関係から全体を把握する英語の読解力さえあれば解ける様になっているはずです。 基本的な語学能力(英語でも日本語でも)をしっかりと身につけ、論理的思考法、考えをまとめる力、知らない単語を前後関係で類推できる力をつける学習をすれば、解くことができるでしょう。 それはまた、アングロサクソンの文化圏に入るにあたって、最低限その思考方法、習慣、常識を知っておいてくれと云わんばかりの IELTS 問題 が並びます。その意味では、日本で作られる試験との差を考えながらIELTS 問題 を解くと非常に興味深く感じるかもしれません。

IELTS 各セクションの概要

IELTS Listening Section

IELTS 評価 1.0 – 9.0 Band(採点は0.5刻み)
IELTS 時間 40分
IELTS パッセージ 4 Sections
IELTS 内容
  1. Conversation
    2人の登場人物間の会話。日常生活が舞台で、銀行口座を開く場面やレストランを探す場面など身近なトピックを扱う。
  2. Monologue
    1人の登場人物が話す。日常生活に関わるトピックで、目的地までの行き方や、書類記入の説明など情報を聴き取る。
  3. Conversation
    登場人物は2人から4人で、学生同士がアカデミックな内容について話す場面が多い。エッセイやプレゼンについての議論などがトピックになる。
  4. Monologue
    登場人物は1人。教授による大学の講義が主な内容。理系、文系問わず様々な科目が扱われる。
IELTS 問題数 40問 (各セクション10問)
IELTS スコア 正解数とバンドの目安は:16問正解=Band 5, 23問正解=Band 6, 30問正解=Band 7, 35問正解=Band 8
IELTS 特徴
  • 問題用紙と解答用紙が配布される。

  • 問題用紙への書き込みもでき、1 Section 終わるごとに解答用紙への書き写し時間が与えられる。
  • 英国アクセントを中心に、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国など多様なアクセントで話される。
IELTS 設問形式
  • 質問形式が多岐にわたる。代表的なものは、
    • 選択問題
    • グラフ問題
    • チャート問題
    • 要約問題
    • 分類問題
    これ以外にも様々な問題形式がある。

  • 選択問題だけでなく、数や単語を解答用紙に記入するディクテーション問題もある。
IELTS Reading Section
IELTS 評価 1.0 – 9.0 Band(採点は0.5刻み)
IELTS 時間 60分
IELTS パッセージ 3 Passages
IELTS 内容
  • 文章は人文科学、社会科学、自然科学の多岐にわたるが、専門知識は必要としない。

  • 文章は学術雑誌、雑誌、新聞、書籍、教科書など様々なソースからの抜粋。
  • 少なくとも1passage は学術的な議論を扱ったものである。
  • グラフ、表、チャートが載った文章が使われることも多い。
IELTS 語数 合計2,150~2,750語
IELTS 問題数 40問
IELTS スコア 正解数とバンドの目安は:15問正解=Band 5, 23問正解=Band 6, 30問正解=Band 7, 35問正解=Band 8
IELTS 特徴
  • 問題用紙と解答用紙が配布される。

  • 記述式なので、スペルミスに注意が必要。

  • 60分で3つの文章を読むので、ペース配分が大切。

  • リスニングと異なり、解答用紙に答えを記入する時間は別途に与えられないので注意。
IELTS 設問形式 リスニングと同様に様々な質問形式がある。
  • 選択式問題
  • 要約完成問題
  • 文章完成問題
  • タイトル選択問題
  • メモ完成問題
  • True or False 問題
合計10から15の質問形式がある。
IELTS Writing Section
IELTS 評価 1.0 – 9.0 Band(採点は0.5刻み)
IELTS 時間 60分
IELTS タスク数 2 Tasks
IELTS 各タスク 詳細
  • Task 1
    • Task 1 は20分で終えるのが理想。
    • グラフ、表、チャートなどから情報を読み取り、文章にまとめる。その際、主観的な意見は一切入れずに、客観的立場を保たなければならない。複数のデータが与えられることも多い。
    • 内容:人口増加、学生の得意科目の変遷、言語の発展の過程、男女間の仕事の変化など多岐にわたる。
    • 情報を比較分析し、差異、段階、変遷などを明らかにすることが求められる。
    • 指示内容の例:The pie chart below shows the main reason why agricultural land becomes less productive. The table shows how these causes affected three regions of the world during the 1990s. Summarise the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons where relevant.
    • 語数150語以上
  • Task 2
    • Task 2は40分で終えるのが理想。
    • 内容:アカデミックな題材だけでなく、日常的な話題も頻繁に取り上げられる。Task 1とは逆に、Task 2 では主観的な意見を求められる。
    • 大学で提出するエッセイと同様な形式で、文章構成を意識して書く。
    • 指示内容の例: Some people think that parents should teach children how to be good members of society. Others, however, believe that school is the place to learn this. Discuss both these views and give your own opinion.
    • 語数:250字以上
IELTS Speaking Section
IELTS 評価 1.0 – 9.0 Band(採点は0.5刻み)
IELTS 時間 11~14分
IELTS パッセージ 3 Parts
IELTS 内容
  • パート1:インタビュー
    受講生に対する簡単な自己紹介です。受験者の家族、出身地、学校、仕事、趣味などが問われます。2つのトピックに対してそれぞれ4つ程度の質問がされます。
  • パート2:スピーチ
    はじめにトッピングが書かれたカードと紙・鉛筆が手渡されます。トピックについて1分間の準備時間が与えられ、2分程度、受験者自身の経験をもとにしたスピーチをします。その後、試験官からスピーチに関連する質問があります。
  • パート3:ディスカッション
    パート2で話した内容に関する社会的なトピックについて、試験官とディスカッションをします。
IELTS 採点基準 スピーキングは次の4つの基準に基づいて採点されます。
1.Fluency and Coherence (話の流暢さと理論的一貫性)
2.Lexical Resource (語彙の豊富さと適切さ)
3.Grammatical Range and Accuracy(文法の幅広さと正確さ)
4.Pronunciation (発音)
これら4つの採点基準がいずれも0.5点刻みの9.0満点で採点され、平均点が最終スコアとなります。
IELTS 特徴
  • スピーキングでは、書き言葉のフォーマルな表現ではなく慣用的な表現の方が適切です。

  • 回答を丸暗記したかのような棒読みは評価されません。

  • パート1のインタビューでは質問に対してYes/Noの一言だけで答えるのではなく、2~3文で展開する必要があります。

  • パート2のスピーチ中はメモを見ることができるので、メモは見やすいように作成しましょう。
  • パート3のディスカッションでは、社会的なトピックに対して意見を求められ、具体例や経験で自分の意見をサポートすることが重要となります。一つの返答につき、約30秒で回答することが目安です。
IELTS 将来性

2008年には世界中でのIELTSの受験者数がついに100万人を超え、近年その数は270万人に達し、4技能英語試験のグローバルリーダーの地位を確立しています。アメリカでも現在では3000以上の教育機関でIELTSが入学選考に認められています。また、日本においても、現在は英検がIELTS運営を担当しており、国家公務員採用総合職試験や一部大学の入学試験に採用されています。IELTSの存在感は、海外はもちろんのこと、国内でも益々高まっている傾向にあります。

IELTS メニュー
お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
IELTS 無料体験レッスン お申込み