IELTSスコア9.0の正木がIELTSのライティングの流れについてわかりやすく解説!

IELTSのライティングの試験は60分。その間に2つの問題(タスク1とタスク2)を回答しなければなりません。
問題には、
ライティング・タスク1には20分を目標に150語以上書きましょう
ライティング・タスク2には40分を目標に250語以上書きましょう
と書かれていますが、果たして皆さん、それで時間は足りていますでしょうか。
多くの方が、タスク2で時間が足りずに、悔しい思いをされていると思います。実際、受講生の方から聞いてみても、特に最初の受験では語数をクリアできたという人の方が少ないくらいです。
このように、IELTSのライティングでは、時間配分(タイムマネージメント)がとても重要になってきます。