IELTSスコア9.0の正木がIELTSのスピーキングの流れについてわかりやすく解説!

試験官は、受験者が言葉をたくさん知っているか、しかるべき単語やイディオムをしかるべき時に、しかるべき場所で使うことができるかを判定します。
同じ単語や表現を繰り返し使うと高得点は望めません。また、一般的すぎる単語や表現もなるべく避けた方が良いでしょう。
ネイティブが普段使う語彙の中でちょっとだけ上品な語彙を使うのです。試験管に「豊富な語彙力と柔軟な言葉の使い方」をアピールできればスコアアップが期待できます。
「言い換え」や「同義語」を使った評価アップに加え、ここでは、少し気の利いた使える「イディオム」を覚えましょう。