名前のない飼い猫

名前のない飼い猫

ベトナムにも、日本同様たくさんの飼い猫がいますが、ほとんど名前をつけないんだとか。ペットとしてではなく、ねずみ取りなどに飼っているケースが多いことが理由のよう。そういうわけで、名前を呼ぶ時は、「猫!」となるようです。

マンションは高層階の方がお得?

マンションは高層階の方がお得?

日本では、マンションは高層階の方が、見晴しの良さなどから、価格が高いイメージがありますよね?ベトナムでは、「不便」ということで逆に安くなるのだそう。というのも、すべてのマンションにエレベータが設置されているわけではないため、重い荷物を持って、階段を登ったり、エレベータがあっても、使用料を支払う必要があるためだそう。

食事は基本、男性の奢りで!

日本も一昔前は、男性→女性に奢ることが多かったですが、最近では、割り勘は、普通のこと。しかし、紳士のマナーが根付くベトナムでは、女性にお金を払わせないのは、当然のことだとか。カップル2人だけの場合はもちろん、彼女の女友達にも気前よく奢ることもあるため、特に男性には、経済的な自立が求められているようです。

果物には、唐辛子を!

果物には、唐辛子を!

日本で、甘みを引き立たせるためにスイカに塩をかけることがありますが、ベトナム人は、塩に加え、唐辛子プラスして食べるそうです。塩気、辛味、そして甘味・・・いったいどのような味になるのでしょうか?是非トライしてみたいものです。

高価なコーヒー豆の正体は!!?

高価なコーヒー豆の正体は!!?

ベトナムは、言わずと知れた世界で2番目に大きなコーヒー豆の輸出国(生産国)です。価格が手ごろで、飲みやすいというのも、人気の理由。しかし、国内では高品質で高価なコーヒー豆も普及しています。The piece de resistanceというコーヒー豆は、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆を使用しているものです。ジャコウネコはコーヒー豆を含む果実を食べ、最も熟したものだけを選ぶために、その糞から採取されるコーヒー豆が上質なものに変化するといわれ、高価な価格で取引されている珍しいコーヒーです。

結婚プロポーズは女性から?

結婚プロポーズは女性から?

ベトナムの民族「エデ族」は、女性を非常に尊重している民族で、女性には男性よりも大きな権力があり、女性の望みを叶えるために男性がいるというスタイルです。女性が気に入った男性を見つけた時に、女性は両親と相談して、男性の実家へプロポーズの報告、または結婚を申し込みに行きます。日本の女性からすると、「大胆!」と驚かれることでしょう。ちなみに、赤ちゃんが生まれた時には、お母さんが子供の名前を命名するのが普通のようです。

カフェ文化

ベトナムには、たくさんのカフェがあるのをご存知でしょうか?ベトナムは古くは、約80年もの間フランスに支配されていた歴史があることから、フランス文化の一つである「カフェ」が根付いています。ホーチミン市内にはいたるところにお洒落なカフェがあり、旅行者はもちろん、ベトナム人にとっても貴重な憩いの場所です。「食べる&飲む=アン・ウン」というベトナム語がありますが、これはお腹が空いたという意味ではなく、カフェに行きたいという意味。友人とのおしゃべりや、読書など、異国の地でゆったりと時間を費やしてみるのもすてきな時間の過ごし方ですね。

朝は早く、そしてお昼寝タイム

朝は早く、そしてお昼寝タイム

ベトナムの朝は早く、市場は6時前から営業開始しているところも多くあります。ベトナム人の一般家庭では、まだまだ冷蔵庫で食品を保存しておく習慣が普及していないため、多くの家庭は毎朝市場でその日の食料を買い物します。また、少し意外かもしれませんが、ベトナムでは昼寝の習慣があります。昼寝といえば、スペインですが、ベトナムでも昼間は陽気が強いためか、部屋でひと眠りするのが一般的。最近は企業に務める社会人も増えてきたので、全体的な考え方が変わって、昼寝をすることも少なくなってきているようですが、休日は多くの老若男女が昼過ぎを昼寝の時間にあてて、日暮れ以降再び活動を開始します。

東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
ベトナム語 無料体験レッスン お申込み