日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTSページで 詳しく見る
2019/12/3

IELTS得点アップ対策 リーディング編 第1回

この記事を書いた人

バークレーハウス IELTSプログラム総責任者/IDP公式IELTS教員研修修了
正木 伶弥 Reiya Masaki
ロンドン大学クイーン・メアリー校卒業。専攻は、ビジネス・マネジメント。豊富な海外生活経験や、資格試験受験経験から日本人が最も苦手とする「スピーキング・ライティング」に特化した独自の学習法「Mメソッド」を開発。大手IT企業のCEOや役員への英語コーチング、IELTSに特化したe-learning教材開発、IELTS試験対策本の出版を目指して執筆中。CELTA / IELTS 9.0 / 英検1級 /TOEIC 980点/ TOEFL iBT120点満点取得。IDP公式IELTS教員研修修了(日本第一号)。
今回はリーディングの回の初回ですので、リーディングセクションの概要から説明します。
目次

IELTS リーディング試験の概要

IELTSは毎回長文・パッセージが3つ出題され、それを1時間で解きます。

問題用紙の出だし部分には各パッセージ20分で解いた方が良い、という目安が書いてありますが、実際に20分かける3で均等に別ける必要はなく、試験会場でも20分毎に指示・確認があるという事は一切ありません。あくまでも全体で1時間におさめればOKです。

1パッセージは900ワード程度ですので、全体で2700ワード位を読む事になります。パッセージのジャンルは医学や生物学や地質学などの科学系のものや、ビジネス系、歴史もの、または哲学系のものなどから選ばれます。

どのペーパーもジャンルのバランスをみていますので、ビジネスアーティクルだけのペーパーや、生物学だけのペーパーという事はありません。

それぞれの長文に対し13または14問出題され、全体で40問設問があります。

ちなみに他のセクションと同じく、この40問を解答する際はスペルミス、写し間違い等でもバツになります。

後はペーパー受験であれば手書きのテストならではのメリットとして、問題用紙に直接書き込む事ができますので、長文は読みながら、重要だと思う部分などに印をするだけでなく、メモ書き・走り書きなども簡単に余白にできます。コンピューター受験の場合もマーカーを引いたり、テキストボックスの様な形でメモ書きしたりもできます。

カラーでマーカーが引けるのはコンピューター受験ならではのメリットです。

正答数とスコアに関しては、目安ではありますが、下記の表の様になります。

スコア正答数
9.039-40
8.537-38
8.035-36
7.533-34
7.030-32
6.527-29
6.023-26
5.519-22
5.015-18
4.513-14
4.010-12
3.58-9
3.06-7
2.54-5
40問中15から18問正解で5.0、19から22問正解で5.5、23から26問正解で6.0となります。

IELTS リーディング試験の問題形式

ではここからはより具体的な問題形式を見ていきます。大きく別ければ出題形式は4つです。
1.TRUE/FALSE/NOT GIVEN
2.マルティプルチョイス
3.ヘディング問題
4.マッチング問題 
5.穴埋め問題

TRUE/FALSE/NOT GIVEN

まずはTRUE / FALSE / NOT GIVENというのが最初の形式です。長文の言っている事と問題の言っている事が一致していればTRUE、矛盾していればFALSEなのは普通のテストでもよくあると思います。

IELTSで特有なのはNOT GIVENです。そしてこれが最後まで苦戦する人が一番多い部分です。

その話題には触れておらず、よって長文を読んだだけではTRUEともFALSEとも判断がつかないものがNOT GIVENとなります。今聞けば簡単だと思われるかもしれませんが、問題を解き始めればその手強さを実感して頂けると思います。

またもう一つこの形式でIELTS特有と言えるのはTRUE / FALSE / NOT GIVENに加え、YES / NO / NOT GIVENもある点です。

TRUEと書く所にYESと書くと×になり、NOと書くべき所にFALSEと書くと×になりますよ、という話しで、これは初級者、上級者に関わらずついやってしまっている人を多く見かけますので、要注意です。

マルティプルチョイス

次の問題形式はマルティプルチョイスです。リスニングと同じく、普通の選択問題で、IELTSの場合は3択か4択の事が多いです。選択問題に関しては、これまたリスニングと同じく、パラグラフマッチングと呼ばれているものもあります。問題文に書かれている情報がどの段落・パラグラフに含まれているかを答える問題です。

ヘディング問題

次の形式はヘディング問題というものがあります。選択問題の一種ですが、各パラグラフにふさわしいタイトル・要約を選択肢の中から選ぶものです。そのパラグラフでメインに言いたい事が理解できていないとタイトルが選べないため、苦戦する方が多い形式の1つです。

マッチング形式

マッチング問題は、選択肢がいくつかまず提示されており(例えば人物名が3つ、Aさん、Bさん、Cさんといった形)、その下に問題がQ1, Q2, Q3といった形で提示されています。それらをパッセージを読んだ上で、クエスチョン1の内容を主張したのは人物A、クエスチョン2の内容を主張したのが人物B、クエスチョン3の内容を言ったのが人物3、というように合うもの(マッチするもの)を選んでいく形式です。

穴埋め形式

最後の形式は穴埋めです。パッセージの一部の要約が所々空欄がある状態で提示されます。基本的に長文内にある語をそのまま抜いて答えとして空欄に入れますので、写し間違いさえなければスペルに自信のない人も大丈夫です。

IELTSでは上記に記載した問題形式が毎回出てきます。順番はその時々によりバラバラですが、TRUE / FALSE もしくはYES / NO / NOT GIVEN、選択問題、穴埋めは基本的にどこかの長文で1回は必ず登場します。どの形式の問題でも1問正解は1問正解で、ウェイトは変わりませんので、自分の得意・不得意を把握していく作業も重要になってきます。初回としてはこの位です。
まとめ
・リーディングの所要時間は1時間。出題数はリスニングと同じく40問
・毎回3つの長文が出題されるが、均等に時間を配分する必要はない。
・太太半分いかないくらいの正解数で5.0、半分ちょっと当てて5.5
・典型的な問題形式、「TRUE/FALSE」、「選択問題」、「穴埋め」は毎回登場

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTSページで詳しく見る