日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

  • 英語4技能マスター

竹林駿
Suguru Takebayashi

竹林駿
Suguru Takebayashi
  • 英検1級
  • IELTS
    Academic
    OA:8.5
  • TOEFL iBT Best Score 119点
  • TOEIC
    S&W
    380/400
  • TOEIC
    L&R
    980点

プロフィール

米国ミネソタ州立大学大学院修了。専門はライティング。帰国後はTOEIC、大学受験などの英語指導に携わり、2019年度からバークレーハウスIELTS・TOEFL専任講師。都内の私立大学にて非常勤講師としても教鞭を執るほか、学校教員向けにIELTS指導法講座を主催するなど、多数のセミナーに登壇。純日本人には難関とされるスピーキング、ライティングを特に強みとし、IELTSでSWともに8.0、TOEFL iBTでSWともに30点満点を記録。

なぜ英語学習をサポートする道を選んだのか

学生時代に塾講師のアルバイトをしたのがきっかけです。周りの講師は名門大学の大学生ばかりなので、みんな複数の科目を教えていましたが、私には英語しか自信を持って教えられる科目がありませんでした。そこで自分には英語しか生きる道は無いと思うようになりました。教えるという仕事も純粋に楽しかったです。何から教えるか、どんなプリントを作ろうか、1つの単元でも色々アプローチがある。私はマンネリ化するのが嫌いな人なので、自分らしさを活かせる仕事だと感じています。今では大学でも教鞭を取っていますが、毎年シラバスを作るのが楽しみです。

あなたにとって語学とは?

私にとって、英語は芸術のような存在です。英単語1つ1つが、私にとっては色とりどりな宝石のようで、それらの組み合わせ次第でどんな文章も作れる。米国の大学院でライティングを専攻し、校内新聞記者もやりましたから、夥しい数の英単語の中から単語を自分で選んで、並べて文にして、様々な表現するのは楽しかったです。知っているけどまだ1度も使ったことない英単語も多数あると思います。死ぬまでに、存在する全ての英単語に出会いたいですが、おそらく1度も出会わない英単語もあるのでしょうね。

英語学習者へのひとこと

IELTSにせよTOEFLにせよ、生徒さんの中には「勉強するのが楽しくなった」と言ってくれる人がいます。そう感じるようになるまで勉強が続けば、素晴らしいことですね。勉強と趣味の違いは、勉強の先には必ず将来が待っているということです。勉強をするだけ可能性が広がり、自分の夢に近づくことができます。つまり勉強は「人生を楽しむ」人こそがやるもの。勉強の先にある将来を楽しみにしながら、いっぱい学んで下さい。

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る