日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

古谷理太
Rita Furutani

古谷理太
Rita Furutani
  • 英検
    1級
  • IELTS
    8.0
  • IDP公式
    IELTS教員
    研修修了

プロフィール

龍谷大学国際文化学部卒業。専攻は国際関係学。中高の頃から英語が大嫌いで、高校3年時に初受験の全国模試は偏差値30台だったが、マイケル・ジャクソンの音楽をきっかけに英語学習を始める。大学在学時に英国ミドルセックス大学国際政治学部へ1年間の交換留学をし、その際にIELTSを初受験。卒業後、京都にて語学スクールでIELTSの個人指導ならびに私立大学でグループレッスンを担当。2020年から東京に拠点を移し、バークレーハウス勤務。都内の私立大学でも教鞭をとる。

なぜ英語学習をサポートする道を選んだのか

私自身、英語学習はゼロからのスタートでしたが、今ではそれなりのレベルには到達することが出来ました。常々思うことは、英語は何か才能が必要な特別なスキルではなく、継続的な学習をすれば誰にでも習得することが出来るということです。自分自身が英語学習をする上で学んできたことを活かして「英語は誰でも出来る」ということを少しでも多くの知ってほしい、そして英語が使えるようになることによる世界の広がりを少しでも多くの人に感じてもらいたいというのが今の道を選んだ理由です。

あなたにとって語学とは?

「世界を広げてくれるもの」であり、それと同時に「自分について教えてくれるもの」だと思います。前者はありきたりな言葉ですが、英語を学習していてそれを実感するシチュエーションというのは数えきれず、自分に大きな影響を与えてきたものに違いありません。もし英語をやっていなければ今の自分とは全く異なる自分であったとすら思います。また、英語を学ぶことによって自分が属する国や文化に対しての客観的な視点を持つことが出来るようにもなったと思います。どちらの意味でも、語学は人生を豊かにしてくれるものだと信じています。

英語学習者へのひとこと

英語は海外経験がなくとも学習を続ければ必ず上達します。私自身、中高では英語が大嫌いでゼロからのスタートだった為「英語が苦手、好きじゃない」という方の気持ちはとてもよく分かります。学習を継続する最大のポイントは「”勉強”は極力しない」ということだと思います。何か好きなものを見つけて、それを英語と結びつければ自ずと学習に繋がります。

リンク

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る