日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
0570-054-054

※通話料はお客様負担

       
日本人でわずかなIELTS9.0/TOEFL iBT120点取得
満点講師 正木レイヤのIELTSブログ
バークレーハウスIELTS対策講座を 詳しく見る

2021/7/26

オーストラリア留学のメリットや費用、おすすめ都市を徹底解説!

australia

この記事を書いた人

バークレーハウス 語学センター Berkeley House
東京・市ヶ谷にあるバークレーハウス語学センター。IELTS,TOEFL,英語,中国語,韓国語,フランス語など40言語に対応した語学教育を提供。

英語を勉強するために、留学したいと考えている方は多いのではないでしょうか。英語圏の国はたくさんありますが、その中でもオーストラリアは魅力がたくさんある留学先です。

オーストラリアは英語が公用語として使われており、また自然にあふれた国です。そのうえ、英語圏の中では留学費用が安いのも魅力です。

今回は、オーストラリア留学の特徴についてご紹介します。オーストラリアに留学することのメリットや、費用の相場、おすすめの都市や必要な準備などについて取り上げています。

オーストラリアへの留学を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

オーストラリアの特徴

オーストラリアは、南半球に位置する国です。大陸全土が1つの国家となっており、世界で6番目に大きな国です。

世界地図で見ると日本からそう遠くはなく、なにより大きくて目立つので馴染みのある国ではないでしょうか。

オーストラリアの季節は、日本とは反対になっています。例えば、オーストラリアで一番寒いのは7月、暑いのは12月~2月頃と言われています。

これは、オーストラリアが南半球にあるためです。どの季節においても、紫外線が強いことが特徴です。

文化面においては、オーストラリアは長らくイギリスの統治下にあったため、西洋の影響を強く受けています。それがアボリジニの文化と融合し、独特の個性ある文化を作り上げています。

アボリジニとは、オーストラリアの先住民です。少なくとも5万年前からオーストラリアで生活していたと考えられています。

文字を持たないことが特徴で、神話などを伝える際には、アボリジニ・アートと呼ばれる絵が使用されていました。

現在では、アボリジニはオーストラリアの人口の約3%ほどしかいませんが、その特徴ある文化はオーストラリアに根付いています。

また、オーストラリアは移民大国であり、さまざまなバックグラウンドを持つ人が住んでいます。現在、オーストラリア人口のうち、約3割が国外生まれだといわれています。

オーストラリア留学のメリット

オーストラリアに留学すると、どんなメリットがあるのか、3つご紹介します。

メリット1. ワーキングホリデーができる

オーストラリアは日本とワーキングホリデー協定を締結しています。そのため、ワーキングホリデービザを取得すれば、オーストラリアでフルタイムで働くことができます。

また同時に、オーストラリアの場合は最大17週間までの通学も許可されています。

オーストラリアと日本のワーキングホリデー協定は1980年に締結され、約40年もの歴史があります。長年、ワーキングホリデーで渡航した日本人をスタッフとして受け入れている職場もあり、ワーキングホリデーが活用しやすい環境といえます。

期間は基本的には1年ですが、条件をクリアすれば最大3年滞在することも可能です。このような長期間のワーキングホリデーを経験することができるのは、オーストラリアならではです。

メリット2. 日本人が多くて安心

オーストラリアは他民族・多文化国家で、街中でもさまざまな人種の人を見かけます。オーストラリアに住む日本人も少なくなく、約10万人が暮らしています。

オーストラリアは日本を除き、アメリカ、中国に次いで世界で3番目に日本人が多い国です。

またオーストラリアは、アメリカ、イギリスに続き、世界で3番目に留学生の多い国でもあります。そして、2019年の日本人留学生の数はおおよそ1万2,000人でした。

留学したばかりで英語が苦手でも、英語を話せる日本人の友達を作る機会も多く生活するに当たって安心です。

メリット3. 快適な環境が揃っている

オーストラリアは、非常に過ごしやすい環境です。治安がよく自然も豊かです。

世界の都市安全性指数ランキングでも、シドニーやメルボルンといったオーストラリアの主要都市は、10位以内の高順位にランクインしています。

またオーストラリアといえば、エアーズロックやグレートバリアリーフといった大自然や、コアラやカンガルーといった珍しい生き物を想像する方が多いのではないでしょうか。オーストラリアは豊かな自然に溢れ、観光地としても人気があります。

留学において困ることの多い時差についても、オーストラリアなら安心です。オーストラリアは広大な国土をもつため、国内でもタイムゾーンが3つに分かれています。

とはいえ、時差が大きいところでも、日本とは1時間のズレしかないので、時差に関しては安心といえます。

オーストラリア留学の費用相場【1年】

オーストラリアへ1年間留学した場合、どのくらい費用がかかるのか、そのおおよその目安をご紹介します。

オーストラリア留学は欧米圏への留学と比較すると、比較的費用が安くコストパフォーマンスに優れています。

学費 120万円~240万円
居住費 60万円~120万円
生活費 36万円~120万円
渡航費 6万円~15万円
パスポート費用 1万1,000円~1万6,000円
ビザ費用 2,000円~5万円
合計 223万3,000円~501万6,000円

・学費
留学費用において、占める割合が大きいのが学費です。通う学校や、履修するコマ数などによっても変わります。

・居住費
滞在方法によっても、また、滞在する都市によっても費用は変動します。
ホームステイ、学生寮、シェアハウスなど、いろいろな選択肢があるので、自分に合ったものを選ぶと快適に、安くおさえることができます。

・生活費
食費、交通費、交際費などがここに含まれます。オーストラリアは世界でも物価が高い国です。
特に日本に比べ外食費用が高いため、食費がかさみやすくなってしまいます。自炊するなど、工夫すれば節約することができます。

・渡航費
オーストラリアへの往復での渡航費の目安です。シーズンによってかかる費用が違うので、安い時期を狙って留学するのも一つの方法ですね。

・パスポート費用
パスポートの手数料は、年齢や有効期限によっても違ってきます。申請してからパスポートが使用可能になるまで時間がかかる場合があるため、早めに備えておくと安心です。

・ビザ費用
取得するビザによってかかる費用に幅があります。就学期間や目的などによって、必要となるビザが違います。

オーストラリア留学におすすめの都市

オーストラリアには、魅力的な都市がたくさんあります。その中でも、留学におすすめの都市を3つご紹介します。

ご紹介する都市はいずれも日本からの直行便があります。

おすすめ1. メルボルン

メルボルンは、オーストラリアで2番目に人口の多い都市で、ビクトリア州南東部に位置しています。伝統的なビクトリア調の建物が多く、ヨーロッパらしい雰囲気を味わうことができます。

世界の住みやすい都市ランキングにおいて、メルボルンは何度も1位となっており、そうでない年のランキングでもトップ10にはランクインしています。

このランキングは、英誌エコノミストの調査部門が、生活環境の安定度や、インフラ、教育、医療へのアクセスなどを基準に決定しています。

メルボルン大学をはじめとする有名大学がたくさんあり、留学生も数多く滞在しています。

また、人口の4分の1が移民なので、多様性に富んだグローバルな環境です。昔から移民が多かったため、英語の訛りはそれほど強くありません。

日本人にとっても分かりやすい英語となっているので、コミュニケーションがとりやすいでしょう。

おすすめ2. シドニー

シドニーはオーストラリア最大の都市で、ニュー・サウス・ウェールズ東に位置しています。行政機関や観光地などが集中しており、また交通機関が発達した、便利で住みやすい環境となっています。

オーストラリアで最も学校の数が多いため、自分に合った学校を見つけやすいです。日本人が最も多い都市でもあり、日本人留学生も数多く滞在しています。安心して勉強に打ち込める環境だといえます。

また、大都市でありながら海に囲まれているため、サーフィンなどビーチでのアクティビティを楽しむことができます。

おすすめ3. ケアンズ

ケアンズはオーストラリアのクイーンズランド州北東部に位置し、日本からも比較的近い都市です。亜熱帯気候エリアに属しており、1年を通して温暖です。

グレートバリアリーフと呼ばれる世界最大級の珊瑚礁へアクセスできるため、世界中から観光客が訪れています。

先住民であるアボリジニも多く暮らしているため、アボリジニの文化に触れることができるのも魅力です。

オーストラリア留学で必要な準備

オーストラリア留学では、どんな準備が必要となるのかご説明します。

準備1. ビザ

留学に行く際、入国に必要となるのがビザ。滞在予定期間や滞在目的によって、必要なビザの種類が異なります。

例えば、3ヶ月以内の就学を予定している場合、ETA(Electronic Travel Authority)という電子渡航許可が必要となります。

ETAの取得にあたっては、手数料として2,000円必要となります。なお、ETASと呼ばれる場合もありますが、同じものです。

3ヶ月以上の就学を予定している場合には学生ビザが必要となり、5万円ほど申請にかかります。ワーキングホリデービザの場合には、もう少し安く約4万円となります。

準備2. 英語力の土台作り

オーストラリア留学へ行く第一の目的が、英語力向上だという方は多いと思います。そんな方ほど、出発前に英語力の土台を作っておくことが大切です。

一度オーストラリアを訪れてしまえば、生活は英語ベースとなります。最低限の英会話ができないと、会話をすることが怖くなってしまいます。

そうなると、せっかく留学に来ているのに現地の人たちと会話をする機会がほとんどないという事態になる恐れもあります。

そうならないためにも、日本では文法や単語などの基礎を固めておき、留学中に英会話を実践して訓練するといった方法をとると、効率よく英語力を伸ばすことができます。

準備3. 滞在予定先の気候を知る

オーストラリアは基本的に日本と四季が逆であり、また国土が広大なため同じ国の中でも季節が異なります。

よって留学前に、滞在する予定の都市の季節ごとの平均気温を知っておくことが大切です。そうしてあらかじめ留学前から備えておけば、より安心で充実した留学生活を送ることができます。

例えば、日本から夏に出発するとしたらオーストラリアは冬ですので、コートや防寒具を持っていく必要があります。もちろん現地で購入してもよいのですが、新しい国に到着してすぐにそれらを揃えるのは大変です。

持参した方が見知らぬ土地でバタバタすることもなく、また無駄な費用をかけることもなく安心して留学に臨むことができます。

まとめ

本記事ではオーストラリア留学についてご紹介しました。

オーストラリアは治安がよく自然が豊かで、過ごしやすい環境です。ワーキングホリデーを利用できるなどのメリットがあり、国として教育に力を入れているため、留学先として人気があります。

魅力のある都市が数多くあるオーストラリアですが、その中でもメルボルン、シドニー、ケアンズの3つの都市が留学先としておすすめです。それぞれ特色があるので、自分にはどの都市が合うのか検討してみてください。

入国する前に、忘れずにビザを用意しておくことが大切です。また英語力の土台を日本で作っておく、滞在予定先の気候を把握しておくなどの対策を徹底しておくと、より留学が安心で充実したものとなります。

オーストラリアへ留学したいと考えている方は、ぜひご参考になさってください。

只今開催中のキャンペーン

IELTS対策でバークレーハウスが
選ばれる理由はこちらから
バークレーハウスIELTS対策講座を詳しく見る