IELTSスコア9.0の正木がIELTSのコンピューター受験についてわかりやすく解説!
この動画はこんな方にオススメ!
・IELTSのコンピューター受験について知りたい
・IELTSを受けに行く時間がない
・IELTSのコンピューター受験が気になっている

2019年3月27日より、Computer-delivered IELTS(コンピューターで受験するIELTS)の実施が始まりました。試験の内容、採点基準、試験時間は、紙と鉛筆で受験するIELTSと全く同じです。Computer-delivered IELTSで発行される成績証明書も、従来と同じようにお使いいただけますが、このテストの特性のひとつとして、成績証明証の発行が早くなります。リスニング、リーディング、ライティングのテストは、コンピューターを使って行われますが、スピーキング・テストは、試験官との1対1の対面形式で行われます。以下の点を、必ずご確認の上、申し込みサイトへお進みください。

* IELTSには、通常のIELTSと英国ビザ申請用のIELTSがあります。お申し込みの際は、必ず受け入れ先の機関に必要な試験の種類を確認してください。英国ビザ申請用IELTSの受験を求められている方は、IELTS for UK Visas and Immigrationページにて詳細をご確認の上、お申し込みください。
* 紙と鉛筆で受験するIELTSは、これまでどおり、日本英語検定協会Webサイト からお申し込みください。コンピューターで受験するComputer-delivered IELTSについては、Computer-delivered IELTS専用サイト からのお申し込みが必要です。新たに受験者登録が必要となりますのでご注意ください。
* どのIELTSを受験するかの選択は、受験者本人が責任を負うものであります。テストセンターは誤って申し込まれた際の変更や返金を受け付けることはできませんので、あらかじめ注意が必要です。