IELTSのスピーキング対策!!IELTSスコア9.0の正木がスピーキングの対策と覚えておくべきことを徹底解説します!

・IELTSのスピーキングに自信がない
・IELTSのスピーキングスコアを上げたい
・IELTSのスピーキングの雰囲気を知りたい
・スピーキングで名に聞かれるのか教えてほしい!

こんな方にお勧めの動画です!一つでも当てはまっている方、その悩みが解決するかもしれません。

IELTSのスピーキングは単に喋れば良いわけではありません。高得点獲得のためには、ネイティブが良く使う、簡単な単語と前置詞の組み合わせや、自然な表現を使うことだったり、質問もよりロジカルに答える必要があります。

スピーキングの評価基準
流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)
語彙力(Lexical Resource)
文法の知識と正確さ(Grammatical Range and Accuracy)
発音(Pronunciation)

会話が上手く成立しているかどうかで印象はガラッと変わります。たとえば相づちもネイティブが相づちを打つタイミングで打つと「おーこいつ英語でしっかり会話できる奴だな」と思われます。それ以外にもつなぎ言葉の「you know…, well…, kind of…, actually…」とかを散りばめることによってこいつは会話が出来る奴と言う印象を与えるのも重要なんです。