OA6.0 → OA7.0取得

モジュール:Academic
受講回数:100レッスン
受講期間:約1年
学習目的:海外留学

マンチェスター大学大学院 合格★ Overall 1.0アップのOA7.0 取得目標達成!

自己紹介をお願いします。
大瀬 多永と申します。今年(2019年)の9月から、マンチェスターにあります、マンチェスター大学の国際学のコースに 修士号を取りに進みます。
IELTSをスコアは?
バークレーハウスに来る前までのIELTSスコアは、overall 6.0。特にライティングのスコアが酷くて5.0くらいでした。最終的にoverall 7.0を安定して取れるようになりまして、ライティングも6.5まで伸ばすことが出来ました。
IELTS学習のきっかけは?
まず、進学先に進学したいという想いがあったのですが、IELTSのスコアが規程点に届かず、留学を延期をせざる得ない状況になってしまいました。もっとIELTSのスコアを何とか規定点のところまで伸ばして、必ず大学院に進学したいというのが大きなきっかけでした。
スクールに通うきっかけは?
バークレーハウスを選んだ理由なのですが、最初は別の学校の集団コースに通っていたんですけど、他にも沢山の生徒さんがいて、先生が私独りに十分な時間を割いてもらえないというのが不満でした。以前、青年海外協力隊に参加していた経験がありまして、その時にバークレーハウスのネイティブの先生方に沢山英語を教えて頂きました。とても良い先生達だったので、IELTSの先生もとても良い先生なのではないか?と思い、実際に体験レッスンを受講してみました。体験レッスンでは、こういうことが知りたかったということを教えて頂いたので、ここで個別指導を受けてIELTSの点数を伸ばしたいなと思い、バークレーハウスに決めました。
個別指導なので、先生が柔軟に対応して頂けるのが一番良かったです。私は、スピーキングとライティングの指導をお願いしていたのですが、スピーキングは、私が言った言葉を先生がその場で一言一句逃さず全部紙に書いてくださって、スピーキングのセクションが終わった後に、こういうところが間違っていましたよ。ここはもっとこういう表現を使った方が分かりやすいよと一個一個丁寧に解説頂けたのが良かったです。
ライティングがとっても苦手という話をしたんのですが、ライティングは授業の前に、Task1とTask2を1時間でなるべく時間内で解くようにして、先生にメールすると授業前までに先生が全部添削してくれる。実際、授業内ではどこが良かったのか、ここが少し悪いよ。こういう表現は使ってはいけないよ。 といった悪い点を沢山教えてくださったり、これをどうやったら改善できるんだろうというところも含めて全部指導頂きました。それに加えて、全てのライティングの問題に先生がご自身で模範解答を作っていらっしゃたので、それを頂いて自宅で先生がこういう時、こういう表現を使うんだ。というのを自分で覚えたり、ずっとこういう問題が出されたときにアイデアが思い浮かばなかったけれど、こういう事を言えば良いんだと先生の模範解答から学ばせて頂きました。
冒頭にフレキシブルに対応してくださるという事をいったのですが、リスニングとリーディングの点数が伸び悩んだ時期がありまして、特にリスニングは、5.5-6.0位しか取れない時期がとっても長く続いたのですが、正木先生から一番点数を落としてしまうセクション3、アカデミックな会話の問題があるのですが、問題から選択肢まで早く早くと読まなきゃと早く読んで実際に問題を聞くという事をしていたのですが、そうすると、全ての選択肢に関することを会話劇の中で言っているので、逆に混乱をしてしまって、さっきはこうやって言っていたけど、次の選択肢の話もしてるし、結局答えはどれなんだろう?と混乱してしまうことが多かったので、正木先生は大胆に逆に選択肢を見ないで解いてみてはどう?という提案をしてくださって、実際に選択肢を見ない聞こえた事を全てメモするようにしたら、問題が物凄く解きやすくなって、最近は7.0や、8.5という凄く良い点数を取る事が出来たのでとても感謝しています。
モチベーションの維持は?
留学を延期せざる得ない状況になってしまい、とても悲しかったのですが、延期をしている期間に、マンチェスター大学があるマンチェスターへ語学留学に行きました。 その時に、マンチェスター大学を見に行こうとなり実際に見学に行きました。施設も何もかも素晴らし大学で、それがモチベーションに繋がりました。マンチェスターという街も、とても素敵な街ですし、この大学で勉強出来たらとても素敵だろうな という出会いも沢山ありました。それもモチベーションの維持に繋がりました。
IELTSを学習している方へ
IELTSを学習されている皆様。とっても今不安だったり、つらい事あると思います。私も30回以上IELTSを受験したのですが、ようやく、ようやく1年、2年かけて点数が取れたという状況です。なので、皆様の不安だったり辛い気持ちとっても分かります。諦めてしまわないでください。私も何度も諦めようと思った事があるのですが、正木先生を初め、バークレーハウスの先生、スタッフの方に支えて頂いて、絶対取れるよ。絶対来年はマンチェスターに行けるよ。と沢山応援してもらってそれを信じて今までやってきて、今年の9月から本当にマンチェスター大学の 大学院に進学できることになりました。なので、皆様のやっていることは絶対に無駄ではないと思っています。焦らずに頑張ってください。私も応援しています。