トイレットペーパーの厚さに驚き!

スペイン国旗

フィリピンでは殆どのトイレにトイレットペーパーが備え付けられていませんので、滞在する際にはトイレットペーパーの購入が必須となりますが、買ってびっくり!とにかく、分厚いんです。日本にも、「タブル」はありますが、その2倍以上が一般的。分厚い分、減りが速いため、トイレットペーパーのでまとめ買いしておくと便利かもしれません。

マイペースなタクシードライバー

陽気でマイペースな正確が特徴のフィリピン人ですが、タクシードライバーには、その国民性が特に顕著に表れています。何と、乗客がいるにも関わらず、ロトへ立ち寄り宝クジを購入したり、カフェに寄ってコーヒーを買ったり・・・日本ではあり得ない出来事ですので、きっと驚くことでしょう。急いでいる時や、人との待ち合わせがある時などは、ハッキリと伝える必要があります。

一足お先のクリスマス

宝くじ

フィリピンでは「berが付けばクリスマス・シーズン」とよく言われます。つまり、September(9月)からという意味です。いくらなんでも早すぎでは?と思いますが、9月からクリスマス・ソングが解禁となり、街ではクリスマス・ソングが流れ始め、クリスマスの到来を心待ちにするようになります。実際のクリスマス・シーズンは、12月16日(日)から12月24日(月)までの9日間です。この期間は、「雄鶏のミサ」(Misa de Gallo / Simbang Gabi)と呼ばれる特別な早朝ミサが始まります。 そして、年が明けても2019年1月6日(日)の三賢者祭り(Feast of the Three Kings)までクリスマス・シーズンが続きます!

嫌煙大国

2017年7月より、フィリピン全土禁煙化が大統領令によって施行され、公共の場での喫煙が全面禁止となったことをご存知でしょうか?これを受け、ほとんどのホテルが全室禁煙可を進めております。なお、客室の他、レストランやロビーでの喫煙は、罰金対象となっておりますので、フィリピンを訪問予定の愛煙家の方は、十分にご注意ください。

食事は、炭酸飲料と一緒が多い!

日本では、炭酸飲料(ジュース)は、おやつという感覚の方が多いと思いますが、フィリピンでは違います。醤油の味付け、お米の食事に、炭酸飲料が当たり前に食卓に並びます。家庭で、「ご飯と炭酸飲料」という取り合わせに、最初は驚くかもしれませんが、やみつきになるのかもしれません。

大学生も制服

食事

保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校までは制服がある、というのは日本と同じですが、フィリピンでは、ほとんどの大学で制服を着ることが決められています。またデザインについては、日本では、紺色や、茶色など地味な色が多いですが、フィリピンでは、赤や青、緑やオレンジなど学校ごとに派手な色が採用されています。

誕生日のために節約

食事

日本の誕生日のお祝いは、誕生日の人が家族や友達にお祝いしてもらうのが一般的ですが、フィリピンでは、誕生日の人が友達や職場で食事を振る舞うのが一般的です。仕事の日の場合、お昼ご飯や飲み物を誕生日の人が自ら準備をして職場のみんなで一緒に食べます。または、レストランなどを貸切、パーティを開く場合もあります。規模が大きくなればなるほど、お金もかかりますので、誕生日のために節約、貯金をしている人も少なくないのだとか・・・!?

徹底した朝シャン派

食事

老若男女問わず、外出前にシャワーを浴びるのが、フィリピン流。水が滴る髪は朝の風物詩みたいなもので、シャツが濡れていても誰も気にしないどころか、「シャワーを浴びた」という証でもあるよう。朝シャンが常識となっているせいか、ちょっとした寝ぐせでも、かなりみっともないと思われるようなので、身なりには、いつも以上に気を付けた方が良さそうです。

東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み