ミャンマー人が夢中な「タナカ」!

スペイン国旗

ミャンマーの最大都市ヤンゴンの街中を歩いていると、あら?と驚くことがあります。一目見てわかる、「タナカ」だらけなんです。タナカといえば、日本の苗字に多くありますが、ヤンゴンでお目にかかれるのはその「タナカ」ではなく、ミャンマー熱帯地方に生えるミカン科ゲッキツ属の木の名前。小さな子供から、スーツ姿のビジネスウーマン、そしておばあさんまで、みんなと言っていいほど、このタナカの木のエキスを顔に塗っているので、驚きです。一体何のため?答えは、日焼け止めです。季節によっては、日中平均気温が37℃まで上がるため、皆、日焼けから皮膚を守るため、顔が真っ白になるくらいたっぷりと塗るようです。

免許いらずで、美容師に!

ぶどう

ミャンマーでは、美容免許制度がないため、なりたい人は誰でも「美容師」になれます!ただ、美容室を開設しようとすると、ミャンマー人のみ可能とのこと。料金は、カットが日本円で約1000円と、観光客にとっては手頃なため、一度試してみてはいかがでしょうか。

新年には、水をかけまくる!

宝くじ

毎年4月上旬に開催されるイベントと言えば、「水かけ祭り」!水をかけることで去年の汚れを落とし、身も心も新たに新年を迎えるという意味があります。水かけ祭りの期間中は、殆どのレストランがクローズします。ヤンゴン市内では、あちこちでステージが造られ、そこから放水したり、されたりで大騒ぎになりますが、4月は年間でもっと熱い時期でもあるため、皆水を浴びることを楽しんでいるようです。

ウェイターの呼び方

ミャンマー人は、レストランでウェイターを呼ぶ時、キスをする時のように口をとがらせ、2~3回「チュッチュッ」という音を出すのが特徴的です。日本で例えるならば、ちょうど猫を呼ぶ時の音に似ているかもしれません。

列車の揺れが激しい!

宝くじ

ミャンマーでは鉄道線路の状態が良くないため、列車は大変揺れます。スピードが遅いのに揺れるため、長時間それに耐える必要があります。トイレの際には、特に注意をしましょう!

ヤンゴンの街角に必ずあるもの

それは、「新聞販売機」です。50年に及ぶ抑圧的な軍事政権が終わり、ミャンマーの人々は報道の自由を享受することができるようになりました。これまで、どんな出版物も情報省検閲登録局の許可を得なければ出版できませんでしたが、2012年に検閲は段階的に廃止され、検閲登録局自体も2013年に、はじめに正式に廃止されました。そして同年4月、1964年以来初めて日刊紙の発行が認められたため、健全な形での情報取得を求め、いたるところに「新聞販売機」が置かれるようになったのです。

スカートは、男女共通の服装

食事

ミャンマーでは男女問わず、「ロンジー」と呼ばれる巻きスカートのような民族服を着ます。男性は布を体の前で留め、女性は横で留めるのが、流儀です。ただ、ロンジーの下に下着をはくか、はかないかについては、個人の好み、また地域によっても異なるようです。都市に住むミャンマー人男性は、外出時は下着をはくが、自宅でははきません。一方、地方では男女ともに、外出時も下着はほとんどつけないそうです。

ミャンマー人が喜ぶ日本食

ミャンマー料理は、繊細な和食との味覚とは全く異なり、基本的に味が濃い、油っぽい、時にとても辛い、または、とても甘いとされています。そんな食事を愛するミャンマー人が好きな日本食は・・・カレー、味噌汁、から揚げ、ハンバーグだそうです。やはり、味がはっきりとしているものが好まれるようです。

東京、市ヶ谷駅から徒歩2分 お電話でのお申し込み・お問い合わせは 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
03-3262-2711
無料体験レッスン お申込み