スペイン語 教室・学校 異文化|東京・市ヶ谷|バークレーハウス語学センター

スペイン文化について 日本人の知らないこと 

本日はスペイン文化について、日本人が意外と知らなかったり、勘違いしていたところをまとめました。ご意見などある方は是非ともコメントを送って下さい。


~スペイン文化の知らなかったことや以外なことについて~
・プリメラ・コムニオン (日本でいう七五三)
・年越しにブドウを食べる
・世界最大の賞金総額「クリスマス宝くじ」
・食事の時間
・オリーブの連発
・トイレ事情
・交通ルール
・若者の政治への話し

プリメラ・コムニオン

スペインでは日本のように一定の年齢を迎えると祝福をする習慣はありません。宗教は自由であるが昔の名残もあり、たいていはカトリックに由来する為、子供が生まれたら最初に洗礼式があります。プリメラ・コムにオンが行われるのは、5月~6月の頭です。女の子は白いドレス、男の子はスーツや海軍の制服のような格好で参加します。儀式のあとはパーティーがあります。

年越しにブドウを食べる

スペインでは新年を迎えるときに12粒のブドウを食べる習慣があります。これは、日本の「年越しそば」と同じようなものです。 このブドウは新年の12ヶ月を象徴し、毎月の幸運を祈る意味がある。新年に時計台で鳴る12回の鐘に合わせて12粒食べていくというもの。

世界最大の賞金総額「クリスマス宝くじ」

200年以上ある由緒正しい「クリスマスの宝くじ」。こちらは国民の8割の人が購入を毎年します。また賞金は世界最大で、売上金額の70%が賞金に還元される。

食事の時間

朝食(desayuno デサジュノ):7-8時/第2の朝食(desayunoデサジュノ/almuerzoアルムエルソ): 10-11時/昼食(comidaコミダ/almuerzoアルムエルソ): 2時から3時/シエスタ(siestaシエスタ):お昼寝タイム(15-30分程度)/おやつ(meriendaメリエンダ):人によってバラバラであるが6-7時/夕食(cenaセナ):21-22時

オリーブの連発

スペインで採取されるメインのオリーブは以下の通りです。
ピクアル:スペイン南部で多く栽培されているオイル用品種。ピクアルは自家受粉でも実をつけることができる。
オヒブランカ:温度差が激しい地域でも育てることができる品種。比較的大きい実が多い
アルベキナ:スペイン北部のカタルーニャ地方で多く栽培されている。小さい実が特徴
ネバディロブランコ:スペインで最も一般的なオリーブで、オイル用の品種である。やや縦長の実。
マンザニロ:世界中各地で栽培されている有名な品種。

トイレ事情

無料トイレは都市部には多いが、そうでないと有料になったりする。また、バルやレストランのトイレは注文をしないと、利用できないので、注意しておこう。また、トレイは清掃が行き届いてないところも多いので、ウェットティッシュを持ち歩いた方が良い。

交通ルール

歩行者は特に信号無視が多く、日本とは違います。

若者の政治への話し

LINEやTwitterなどで、政治家や思想に対して若者が面白おかしくつぶやいたり、またコメントを多くします。日本の若者の政治離れと違い、ちゃんと国民全員が意識をしています。

最後に、バークレーハウスのスペイン語をご紹介
スペイン語会話 受講随時受付中  http://berkeleyhouse.co.jp/language/spanish/
お電話でのお申し込み・お問い合わせは  03-3262-2711 受付時間【平日】9:00-21:00【土曜】9:00-18:00
お問い合わせ